スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たく:デッキレシピ 魔法少女まどか☆マギカ その1

前の記事に書いたように今回はまどマギのデッキレシピです!
自分がヴァイスを始めて2つ目に作ったデッキでもうずいぶんと長いこと使っていて思い入れのあるデッキです。
色んな型を試しましたがこの型に落ち着きました。

レベル0 19枚

契約をせまるキュゥべえ ×3
見守るほむら ×3
ワルプルギスの夜に挑むまどか ×3
地下鉄ホームでの別れ 杏子 ×3
サポート役 キュゥべえ ×3
林檎のおすそわけ 杏子 ×4

レベル1 7枚

見滝原中学二年生 さやか ×4
癒しの祈り さやか×2
やって来た杏子 ×1

レベル2 10枚

揺れ動く気持ち まどか ×2
時間遡行者 ほむら ×1
魔法少女現る ×3
さやかの願い ×4

レベル3 6枚

美樹 さやか ×4
アルティメットまどか ×2

CX 8枚

さやか VS 杏子 ×4
あたしって、ほんとバカ ×4

割とテンプレだと思います。
しいて言えば0が多くて集中と契約Qが3枚なのが特徴でしょうか。
それでは各レベル帯のカードの解説を。

0帯

基本的に先行ドローゴーはないです。ストックをためたいので。
割られそうだったら中央において返しに中央に相打ちとクロアンを立てる動きが強いです。
集中は1週目は毎ターン打ちます。
0帯は弱いですが相打ちとクロアンで相手に楽させないのが大事です。

契約をせまるキュゥべえ

3枚の理由は絶対に引きたいカードだから。
2帯までの後列はこいつと集中です。どちらか引かなかった場合は林檎が変わりになります。

見守るほむら

上と同じで引きたいカードなので3投。
集中は好みが分かれると思います。自分は引いたら1週目は毎ターン打ちます。
ヒットするかしないかではなく山を削るのが大事です。まどマギで1リフしたら相当強いので。
集中をうったら擬似リフできるというときに少しでも握りやすいためでもあります。

ワルプルギスの夜に挑むまどか

後列2枚並べても3500というのが優秀。
緑だから入れてる部分もあります。
基本は相打ちで流すのでレベルが上がる敵に対して出しましょう。
今はこいつを2にして“みんなを守るために” まどか を一枚採用しようか考えてます。

サポート役 キュゥべえ

0帯の核。
相打ちにクロアンの流れは非常に美味しいしクロアンのおかげで先行2ターン目に2面展開してもキャンセルしなければ5止めされません。
こいつのおかげで多少無茶な動きもできます。
絶対に引きたいけど1枚でいいので3枚。

林檎のおすそわけ 杏子

序盤から最後までお世話になります。
序盤はこいつで1/0で最低限のラインを作れます。
また手札がレベル3やイベントが多くなりがちな終盤にこいつさえいれば2パンできるので非常に重宝します。

1帯

7000ラインを作ることを意識

バニラ+絆+契約Qで7000 癒し+契約Qで7000
CXはって8000までしか行かないのでそれ以上は割れません。
ソウルが足りないのでCXを打つことを意識します。
同じ意味で少しでもソウルをあげるために返しに助太刀をうってダイレクト枠をあけれると美味しいです。
癒しのおかげで1面確実に帰ってくるし絆もあるのでハンドを気にせずcxを打つのが大事。

癒しの祈り さやか

壊れカード。
こいつのおかげで確実に1面帰ってきます。
ただトップ盛りを持っているタイトルには気をつけましょう。

やって来た杏子

普通の助太刀ですが序盤から終盤までお世話になるカード。
2/1助太刀を採用してないのは色とストックを使いたくないのとレベ3のラインが高いので1500助太刀でも返せるからです。

レベル2

まず意識することはチェンジです、アルテマのソウル2で殴れるのは非常に大事です。
後列は集中+契約Qからレベル応援+契約Qにしましょう。
ここらへんで癒しは後列に下げるか願いで退場してもらいます。
2帯ですることは盤面をとることではなくいかに耐久しつつストックをためてハンドを揃えるかです。
耐久に関してはチェンジの回復とキャンセル率によりますが。
手札を揃えるのは非常に大事です。
最低でもレベ3さやかを2枚に願い1枚は握っておきたいです。
チャンパーは林檎絆セットにお世話になりましょう。
2からは基本クロックはしません。あたり前ですがクロックで必要なカードをもってこれる確立のほうが低いです。
安易なクロックはまどマギでは得にオススメしません。

レベル3

ここまできたら圧倒的なパワーと回復で好き放題するだけです。
3-0や3-1でターンがかえってきてレベ3を展開したいからといって無駄にクロックをするのはあまりおススメしません。山の圧縮にも寄りますが。
レベル3は無駄に出さずに回復のためにだすことを意識するといいです。
詰めの性能は皆無なのでいかにキャンセルしつつ溜まったストックをうまく使うかが重要です。


まどマギはよくプレイングが難しいタイトルといわれます。
自分もそう思います、実際ヴァイスを始めて2つ目に作ったタイトルがまどマギなんですがその時はうまく使えず一時期封印して使ってない時期もありました。
選択肢が多い、ハンド管理が難しい、盤面があまり取れないのでうっかりしてるとすぐ手札がなくなる、CXを張らないとソウルが足りない、詰め性能がほぼ無い。
プレイングが難しい原因が大体こんな感じですね、正直今でもうまく回せてる自信がありません。そこがまどマギの面白いところですね。
また1ブースターという狭いプールにも関わらずたくさんの型があったり環境によって姿を変えるのが凄いなって思います。

次回はなぜこの型にしたのか、タイトルごとの戦い方などもっと詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まどマギは回してて面白いですよね。
なおかつ人それぞれで全く違う動きになるところが見応えあります(笑)。

お会いした際は是非ミラーしましょう!

No title

>>タングステンさん

本当にそれですね!
1ブースターという狭いプールでここまで個性がでるタイトルは珍しいです。

お会いした際はぜひお願いします!
プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。