たく:デッキレシピ SAOその1

前回に引き続きソードアートオンラインことSAOです。
今回はデッキレシピです。
割とまとまったテンプレ構築ですが自分的にはかなり気に入ってます。

SAO パーティー&シリカ軸

レベル0 16枚

職人の矜持 リズベット ×4
ソファに横たわるアスナ ×3
ソロプレイヤー キリト ×2
まっすぐな信頼 シリカ ×2
新婚生活 アスナ×3
親友を祝福するリズベット ×2

レベル1 16枚

パーティーの誘い アスナ ×4
雨宿り アスナ ×3
副団長 アスナ ×3
着替え中のリズベット×3
身代わり×3

レベル2 3枚

着替え中のアスナ×1
《閃光》のアスナ ×1
決意の告白 リズベット ×1

レベル3 7枚

凛とした強さ アスナ×3
妹のような存在 シリカ ×4

CX 8枚

《スター・スプラッシュ》 ×4
求めていた温もり ×2
ピナの蘇生 ×2

まずは各レベル帯のカード説明をします。

レベル0

SAOのレベル0は1ブースターと思えないほど強いです。
基本的に先上がりを目指します。
先行はドローゴーか加速を引いてるなら加速エンドして返しに加速して2パンしましょう。

職人の矜持 リズベット

個人的には最強クラスの相打ちだと思ってます。
こいつを相打ち目的で使うのはもったいない、基本相手キャラは加速でパンプして割りにいきましょう。
また先行をとったらリズを後列において加速エンドをすると先上がりがぐっと近づきます。
後列においといても強い、返しに相打ちとして使えるのも強い。個人的にSAO最強のカードだと思ってます。
よく大会などで見かけますがこいつの加速は自身は対象にできないので気をつけましょう。

ソロプレイヤー キリト

2枚である理由は引きすぎると困るし引かなくても戦えるから。
相打ちとか食えるし先行でこいつ出して強いタイトルとかもあるので2枚採用してます。

ソファに横たわるアスナ

イベントも3枚積んでるので結構な確立でデメリットが発動しますがこのデッキだと先上がりしたいのであまり関係ありません。
むしろ5止め→クロックで6→ソファのデメリットでレベルが上がり雨宿りで食う。という流れがたまにできるので中々強いです。
後半はデメリットが怖いので出さないようにしましょう。

親友を祝福するリズベット

パーティーの絆。
0で絆を出してパンチ数を増やすというのは普通のデッキだと強いんですがこのデッキだと殴りすぎて相手を先上がりさせるとめんどくさいのでレベル2からのハンド補充手段として使いましょう。
また赤が以外と少なかったので赤発生の要因にもなってます。

レベル1

16枚と非常に多く積んでます。ゆえにこのデッキで一番大事なときです。
基本は先上がりから雨宿りとパーティーシナジーで負けていたダメレを一気に取り返しにいきます。
雨宿りは1面だと中々今の環境育ちにくいです、あくま育つことを目的に出すのではなく相手のほかの面を触れにくくするために出しましょう。
またCXはここから毎ターン打ちます、というのも1/0キャラしか採用しておらず行きのパワーの出し方が新婚生活 アスナに完全に頼っているからです。
CXシナジーでなくてもかならず打つようにしましょう。

パーティーの誘い アスナ

なぜか自身が5500まで出るのでカウンターでわんちゃん返せたりします。
2面シナジーで一気に山を削りレベル3の準備をしましょう。
またこのシナジーで雨宿りのマーカーに何が噛んでいるかしっかり確認しておきましょう。

雨宿り アスナ

今の環境ではこいつが育つことはめったにありませんが2面並べたりすると育ちます。
大事なのは育てることではなくてこいつの存在で他の面を触れにくくすることです。
またマーカーを噛むことによって一度育つと気持ち悪いくらいの圧縮になります。
CXが噛んでいたらリフ前に殺してもいいけど正直一枚くらいならそのままにしたほうがいいです、SAOは2からボードが取れにくくなるので育った雨宿りがいると本当に楽なんですよね。

着替え中のリズベット

採用理由は1/0で平均的なパワーを出してくれるから。
他の1/1キャラは使いにくいのが多いんですよね、あとは環境的に1相打ちが多いので仕事をしないことが多い。
なので1帯で2色にしたくなかったんですがこいつを採用しました。
盤面フルに埋めて後列で7000でるので1/0キャラとしては十分のスペックですね。

身代わり

3枚と多めに積んでる理由は2帯を少しでも楽にするためです。
基本的に1帯は2000助太刀で2帯から此方のカウンターを使います。
3500という数値はやはりでかいですね、SAOを象徴するカードのひとつだと思います。

レベル2

このデッキの一番辛い時です。
レベル応援は必ず出しましょう。
後は絆でハンドをキープしたりしてレベル3のストックをためます。
基本的に1/0で戦うのでパワーがきついですがCXと新婚生活 アスナをうまく使って一応盤面に触れつつさらっと流しましょう。

《閃光》のアスナ

ディスガとかに刺さります。刺さりますが正直入れなくてもいいです。
理由としてはSAO=閃光というイメージが強いので入れなくても勝手に警戒してくれるし行きしか能力が発動しないのでカウンター握られてたらそれで終わりなんですよね。
なのでこいつがいるから相手が絶対にはやだしをしてこない!というわけではないのです。またストック送りが相手のチャンプで美味しいされてしまうこともあるのでとても強いカードとは言えませんね。

着替え中のアスナ

相手のボードに触れやすくするため申し訳程度の一枚。
こういうカードは3面割りたいときに出すカードなんですよね、ただこの構築だと2から3面割るのは厳しいので結局こいつを出さなくてもいいという状況が多いです。
自分の構築は2帯を捨ててるので抜いてもいいかもしれませんね。

決意の告白 リズベット

絶対に出すカードです。パーティーのシナジーなどで必ず握りましょう。
よくレベル3が弱いならレベル応援出さなくていいんじゃないか?という人がいますが自分は逆です。
素のパワーが10000だからこそレベル応援を出さなきゃいけないと思います、出さないと相手のレベル3をまったく触れれないので。
またSAOはカウンターが強いので11500を出せば返せる可能性もグッと上がります。
こいつの二つ目の効果ですが基本的にハンド補充のために使うなら絆やシナジーのほうが安上がりなどで使う際はよく考えましょう。

レベル3

ここまできたらあとはアスナのソウルパンプorシリカシナジーでつめるだけです。レベル3が両方とも積めに特化してるのは珍しいですね。
ゲインは7枚と多いのでストックさえあれば回復できますが現実的ではないのでやはり短期決戦がいいですね。
理想はシリカシナジーである程度までつめて返しのターンアスナで3キャン要求。
これでできればかなり強いです。ただシリカのシナジーは2枚しかなく2試合に1回程度しか打てないので握れてない場合はアスナを重点的に使いましょう。

妹のような存在 シリカ

レベル3までにシナジーが握れているならばこいつを集めて3面シナジーします。
使われればわかりますがシリカのシナジーは本当に凶悪です。
シナジーが無ければただのゲインなのでアスナのほうを集めましょう。

凛とした強さ アスナ

ソウルパンプが強いです。
相手のcx枚数と山をよくみてそのときの最高打点をぶち込みましょう。
シリカが4でなぜこっちが3かというとシリカのシナジーを打つときは3面並べたいから。
大してこちらは効果目的で3面並べるのは殆どないからです。

・CX

バウンス4 扉2 2000+1 2

よくバウンス3扉3ピナ2にしてる人多いですけど自分は1のシナジーは4投したいのでこの枚数にしました。
扉が2枚だときついかと思われれるかもしれませんが色々とサーチ手段は豊富なので意外と大丈夫です。

シリカの対応は2枚です、2試合に1回うてればいい感じ。2枚だったらトリガーすることもあんまりないしこの辺はシャナの構築と似てるかもしれませんね。
シリカ対応を握るタイミングですがマリガンから握りますがうちたいタイミングがあったら気にせず打ちましょう。
ただレベル1に入ってからピナの再生を握ったらそのままリフ後まで握りますね。


とりあえずデッキレシピと回し方を少し書きましたが大分長くなってしまったので次回に持ち越します。

次回はなぜこの型にしたのか、採用しなかったカードの理由、現環境のSAOの位置。などかきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク