くむ:1リフを狙いたい

こんばんわくむですm(_ _)m


「基本的なプレイングを習いたい!」
みたいなリクエストがあったので
こんなへなちょこプレイヤーですが気を付けていることをつらつら書いていきたいと思います。



究極的に言っちゃうとヴァイスはCXを8枚戻して常に3パンしてればどんなデッキでも勝てます。

勝てることは勝てるんですがその勝てる確率を少しでも上げようと思った時、
やっぱり細かい点を気を付けることでだいぶ変わってきます。


今回はいきなりけっこう難しいですが
けっこう耳にする「1リフ」、「圧縮」って言った項目について解説していきます。


まず圧縮についてですが、これは山札内のCXの数の割合のことです。
CX以外のカードを極力減らし、キャンセル率を高めた山札を「高圧縮の山札」

CX以外のカードを大量に戻してしまったり、CXを戻すことが出来なかった山札を「圧縮失敗」

みたいな感じで使います。


もちろん圧縮された山札は大きな打点を寄せ付けず、キャンセルに貢献してくれるので
可能な限りの高圧縮を目指していくべきです。




圧縮で重要になってくるポイントはストック・手札・クロックのカードです。
なるべくここらに多くのカードを残したままリフレッシュを迎えることでCX以外のカードを山札から排除でき
高圧縮の山札を作れるのです。


ですのでリフレッシュ前はCXを吐くことに全力を尽くし、なるべく手札やコストを使わずにリフレッシュを迎えることを意識します。


ちなみに一番圧縮が弱い山札は一周目(最初)の山札です。
なんと8/50という状態なので、単純計算で約6枚に1回しかキャンセルしません。

ですので5点素通りして「最悪!」なんて言うのは間違いです。別に確立的には普通の出来事です。


逆に言えば大打点を通せるタイミングはここしかありません。
ソウルビートは1週目にどれだけ打点を通せる勝負かというのはこういうことなんですね。

よって1週目の山札で戦い続けるのは非常に危険です。
一刻も早く2週目の山札に移ってキャンセル率を上げましょう。


なるべく長い時間を圧縮された山札で戦いたいので
レベル1でのリフレッシュは非常に理想的です。

これが先程述べられた「1リフ」っていうことですね。


ですが普通に試合を進めていてリフレッシュが起こるのは大抵レベル2あたりです。


1リフを狙いにいくのに重要になってくるポイントは「集中」です。


凄まじいスピードで山札を削り、1リフの確率を大幅に向上させてくれます。


ヒット時の恩恵も普通にコストを払って使うより強力なのでレベル0~1で集中を何度も打つことはとっても重要になってくると思います


実際、集中を使わないと1リフはほとんど不可能です。
自分は圧縮のためなら3コストまでは集中に使っておーけーと考えています(タイトルにもよりますがw)



・圧縮のコツ

圧縮の重要性と難しさを知ってもらったところで生意気ですが圧縮のコツも書いておきますw


狙いにいくのは最強の山札である「1-6リフ」です。
現実的に最速のリフレッシュであり、2からのキャンセルがみちがえます。
クロックに大量のカードを抱え込んだままのリフレッシュなので不純物がかなり取り除かれていますね。

さらにリフダメですぐレベル2になることができ強力なキャラを展開できるようになります
大量にストックを使っても次のリフレッシュまで遠いので吐いたストックが戻ることもない。

おまけに1-6からレベル2になったとき大量のカードが控え室におくられるので、リフ後に扉が噛んでも「回収対象がない!」なんてことは起こりません

本当にいいことずくめです。
どうせ狙うなら1-6リフを狙って相手を圧倒しましょう。


集中で山札の枚数を調整して山札が4枚以下の状態でアタックに入るのが理想です



注意しなければならないのが2-0でのリフレッシュでは不純物に5枚以上の差があり、むしろ2週目としては弱い部類に入ってしまうのであまりギリギリを狙いすぎて弱い圧縮にならないようにしましょう。


・リフレッシュ前はコストを使うのを控える。

CXを吐く場合を除いてリフレッシュ前にコストを使うのは極力控えるべきです。
大量のカードが山札に流れこんでしまいますからね。


特にレベル3を展開すると登場2コスト+回復で1枚
と3枚ものカードが控え室に行ってしまい圧縮がガタガタになってしまいます。
自分はなるべくそういうときはチャンプアタックでもいいので圧縮率を上げ、次のキャンセルに懸けた方が良いと考えています。



・CXはあまりクロックに置かない
これはかなり難しいです。

1リフに成功してもクロックにCXが何枚もあっては逆に貧弱な山札になってしまうので、
1リフを狙うときはCXをクロックに置いてはいけません。

引いたCXはどんどん打って行くのがいいでしょう。

ただそれで2パンとかになってしまっては本末転倒なので
キャラが足りない場合はクロックに置いて、2でリフレッシュを狙いましょう。





・相手に圧縮させないためには。
相手の1-6リフを阻止するのに一番簡単な方法は1000/1のCXをうつことです。

1週目でまだボロボロの山札に高ソウルを叩きこんで相手のリフレッシュのタイミングを遅らせるのは非常に有効な手段です。

1-6リフを狙うとクロックにCXを置けないので打っていく、という動きは実は相手の妨害にもなっているんですね。




簡単ですが以上が圧縮について自分が考えていることです。
これで少しでもキャンセル率を上げて楽しいヴァイスシュヴァルツをしましょう(笑)



ちなみに一番簡単に圧縮ができるタイトルはAngel Beats!
だと思っています。
強大な盤面を簡単に形成でき相手がサイドしてこれば打点が進まないので1リフに簡単にたどり着けます

さらにオペトルというチートイベントでコストを使わずに山を削りながら手札を揃えれますよねw

オペトルで集中を回収して発動すれば7枚も削れます。

さらに1000/1をどんどん打ってけるので相手の妨害も簡単にできちゃいますw

是非ABで1-6リフして超圧縮の山札を体験してみてください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク