くむ:ソウルビートについて

こんばんわくむですm(_ _)m

結構唐突なタイトルですね。
前にコメントでそういう旨の内容がありましたので


ちょっとソウルビートについて考えていることをつらつら書いていきたいと思います



現在自分が持っているソウルビート系のデッキは「ノイズ」とKOFですが、
どちらも盤面は諦めて打点を通して勝つことを目標にしています。


まずソウルビートの前提とも言える条件ですが、
自分で手札をどんどん増やせる
ことができないとまず成り立ちません。


毎ターンキャラを3面並べてCXを打っていたら手札を4枚消費してしまいますので
クロックドローし続けたとしても2枚づつ減っていきますw。



なので自分ターンに少なくとも2枚は手札を増やせる手段を用意しておかなければなりません。

亜美ソロモンの杖杉並などはキャラ確保としては非常に優秀ですのでデッキの核になっていますね


KOFは不確定とはいえ集中で手札を増やせ、圧縮にも繋がるのでソウルビートという形をとっています。




手札を増やせたところで打点を通しにいくのですがこれはスピード勝負です。


まだ1順目で、もっとも圧縮の弱い相手の山札に高ソウルをなるべくぶちこみます(笑)
実は1順目の山札ではソウル4が一番期待値が高い計算になるので
ソウル3~4でアタックすることは実はかなり有効です。

これは展開を早くするという利点にもなり、たとえ相手をレベル2や3にあげてしまってもストック1では何もできませんね。

盤面を作って耐久される前に相手を崩す!
これがソウルビートの勝ち筋です。



デッキにもよりますが盤面を空けて相手のソウルが大きくなってしまってはあまり意味がないのでレベル1まではサイドでも大丈夫です。


レベル2以上のキャラが展開され始めたらひたすらチャンプアタックで、こちらの盤面を空けてキャンセルに懸けましょう



できればクロックが0に近い状態でリフレッシュさせたいので相手の山が薄い時はフロント・サイドを駆使して打点調整しましょう


ほどほどに打点が通って終盤に全キャンとかされない限りは環境TOPのDGやリライトにも勝てる見込みは十分あります。



まぁもちろん問題もあるわけで(何)、

まずCXにはソウル2が採用されることが多いので
「ダイレクト4点から、、、乗って6点(´・_・`)」
まぁまずキャンセルされるでしょうw
ソウル過多が結構痛いです。

これ終盤になると余計目立ってきて3-4の相手に3-3-3を作ったつもりが4-5-4になってしまって全キャンとか泣くに泣けませんよね


また、相手のキャンセルが強いと1リフで圧縮した山札を作られてしまい
勝負にならなくなってしまうので大きな大会で使う人は少ないのでしょうかね。




ですが相手にしたときソウルビートほど怖いものはありません。
特にコスト0のキャラが少ないデッキでCX事故とか起こってしまったらひとたまりもないでしょう(笑)

どんなデッキにもワンチャンス作りにいけるある意味万能のデッキタイプではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

Secret

ソウルビートの紹介ありがとうございました!

ソウルビートってどーゆー動きするかわかんなくて敬遠しがちだったので大変参考になりました!

いまは忙しい時期なので落ち着いてから挑戦していきたいとおもいます!

≫双子兄さん
少しでも参考になれば幸いですm(_ _)m


盤面捨てても勝てるって事を見せつけてあげましょうw!
助太刀、レベル応援とか腐りますし(笑)
プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク