FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察 サイバー・エンジェル

みなさんこんばんは


選考会期間が始まり一週間が経過しましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕はといえば無事地獄の明日香レベリング合宿を乗り越えTIER1である儀式天使を使用し始め、第一関門キングの手前までランクを上げてまいりました。


ではさっそくこんなことやってる暇あるのかと突っ込まれそうですが現環境トップの儀式天使の解説をしていきたいと思います。




ちなみに今日の戦績は19勝1敗です。
このデッキまじで異次元級に強いです。
低ランクだとそれほど流行ってませんが猛者が集まるにつれミラーばかりになります。

今環境で安定して勝ち数を上げて行くためにはミラーマッチへの回答が必須になりますね。


話がそれましたが早速一枚ごとの解説から



サイバー・エンジェル-茶吉尼-


核です。
ファンファーレでの相手にリリース一体強要と、永続での全体貫通付与、そしてエンドフェズに墓地から1枚回収とテキストがものすごいことになってます。


召喚するためにハンドは4枚必要ですが一瞬でその損失を回収できるほどの凄まじいリターンを提供してくれ、
2ターンでも生き残ればほぼほぼ勝てるほどのカードパワーをもっています。



このデッキはいかに茶吉尼を損失を抑えつつ送り出し何ターン維持できるかという点に集約されていると言えますね。


儀式魔法が墓地で茶吉尼に破壊耐性を与える点が相手からすれば非常に鬱陶しく、
今までの除去手段とは異なる手段を要求してくるまさに厄介極まりないモンスターです。


更に頭27、ケツ24というステがまた絶妙で、
今までのTIER1に属していたネフティスやレッドアイズの24+粉砕での3が乗った27打点と同値で上がとられず、

こちらは墓地での破壊無効効果を使えばいいだけな上に
粉砕を使っていない方のネフやレッドアイズにはエネコンで寝かされても突破されないという絶妙なステで一気に儀式天使をTIER1まで引き上げた張本人ですね。




3枚目がほしいと思ったことは、茶吉尼のリリースにダキニを利用し、出た茶吉尼がすぐ退場した場合のみなので必要最低限の2枚



サイバー・エンジェル-弁天

エンジン1
茶吉尼と比べるとかわいらしいステと効果ですが韋駄天のバフと儀式魔法の破壊耐性を与えてやれば十分すぎるまでのアタッカーとして活躍してくれます。


実際はほとんど場に出ることはなくリリース時のサーチ効果を使いまわすことになるのですが
それでも状況打開が求められる時に前線を張れるという利点は無視できないものがありますね。

ミラーマッチの場合は積極的に場に出していきます。
理由は後述。

以上の理由から3枚入れてますが3枚でも足りないことがあります。


サイバー・エンジェル-韋駄天-



エンジン2


ファンファーレの儀式魔法回収効果が非常に強力で、茶吉尼で毎ターン回収しリソースを増やしていきます

ステが貧弱ではありますが場に残る時間は大体1秒程度なのでそれほど気にしたことはありません。


リリース時の頭ケツ1/1バフがまた強力で茶吉尼が3700貫通破壊耐性もちというバケモノになったり、
弁天を強化してフィニッシュを狙ったりとこちらの効果も何度も使いまわしてゆくことになります。



1枚でも回りますしそもそも明日香のレベル報酬で1枚しか入手できないので1枚


儀式はこの2:3:1の配分が鉄板です。これ以上もこれ以下もないでしょう。


続いて儀式といえばのこのモンスター


センジュ・ゴッド

ソニックバード


2:2で散らしてます。センジュは光属性天使なのでいろいろなサポに引っかかるのでセンジュを多めに入れたいところですが、

儀式魔法を引けずに負ける試合が多すぎたので下ブレをなくすためにソニバを増量。


ちなみに1弾2弾のメガブースターのURなので箱を剥くしかないのですが、
今となっては使えるカードがこいつらくらいしか残ってないような産廃ブースターを2箱も3箱も開けるのは本当に虚無なのでデェルリンクスは昔からやるようにしましょう(戒め)




サイバー・プチ・エンジェル



機械天使限定のマンジュゴッド。
センジュソニバよりステが低いですが、このデッキでは儀式の際に2+6でぴったり8を作らねばならない場面が結構訪れるのでセンジュソニバよりステ面では優れているとすら言えます。

更に両面サーチ可能とまさに八面六臂の大活躍をしてくれるスーパーモンスターなのですが
明日香のレベル報酬の最上段に置かれている上に枚数が2枚までしか落ちないので泣く泣く2枚です。


儀式天使を組むうえでこいつの2枚目を入手するところが一番難しいかもしれません。



機械天使の儀式

機械天使の絶対儀式


パッと見は墓地の素材を儀式に使える絶対儀式の方が強そうに見えますが、レベルを合わせなくてよいので
センジュソニバをリリースとして利用できる点と墓地での破壊耐性付与の効果があまりに強力すぎてこちらが3枚になりました。



銀幕、猪突猛進、エネコンクリボからのHANZO、トゥーンリボルバードラゴンなどあらゆる除去に対しての回答になり、
逆に今までこれらに頼りきりであったデッキは軒並み天使に食われてしまいました。



茶吉尼の維持を最優先とするこのデッキと非常に相性がよく、普通に儀式をしているだけで相手からすると突破不可能な盤面が出来上がっていく不思議な光景ですね。



絶対儀式も1枚入れておくといい動きをしてくれることが多く、
通常であればハンドを4枚消費するダキニの召喚を2枚で抑えたり、墓地にたまり過ぎた弁天韋駄天をデッキに戻して再利用したりとうまく使えると柔軟性が格段に上がりますね。





エネミーコントローラー



今回はほとんどこいつについてのコラムです


なぜ今エネコンなのでしょうか。


エネミーコントローラーは
初期ライフ4000のデュエルリンクスでは盤面の遅延や打開すらできれば一瞬でライフを奪いきれるという点と非常にマッチをし長年最前線で使用されてきました。



しかしながらカードプールの増加に伴い銀幕や猪突猛進といった1:1交換やそれ以上のリターンを得られる防御札が登場

基本的にアドバンテージを得ることができないエネコンは次第に下火になり昨今では猪突>エネコンという考えが一般的になってきました。


それなのに今回のレシピでは猪突が1枚も入っておらず、逆にエネコンが3枚投入されています。



これの理由はただ一つ。
そうです



サイバー・エンジェル-茶吉尼の登場です


茶吉尼は非常に強力なモンスターです。それはもう。


盤面突破力、破壊耐性、リソース確保、フィニッシュ能力。

どれをとっても今までのリンクスで使用されていたカードとは比べ物にならないスペックを誇り、
茶吉尼が数ターン放置するだけでそれは敗北を意味します。


かといって一度着地した茶吉尼を処理するのは困難を極め、相手が茶吉尼を出すのに使用した以上のリソースを消費してしまっては元も子もありません。


そのためなるべく少ない動きで茶吉尼を処理したいところなのですが、そのために汎用性の低いカード(天罰等)を投入してはデッキ自体のスペックを下げてしまうことにつながりかねません。


そこで注目されたのがエネミーコントローラーです。


茶吉尼の効果にチェーンしてコントロール奪取効果を使用することで茶吉尼の「相手が選び、それを墓地に送る」という点を逆手に取りコントロールを奪った茶吉尼を墓地へ送ることができます。



自分の場で行われることなので相手は干渉することができず一番スムーズに茶吉尼を処理することができます。



そしてそもそもエネコンと言えば汎用性の塊のようなカードなのでデッキスペックを落とすことなく気軽に茶吉尼を処理できます。
多分そういうカードはエネコンしかないですね。


というわけで今ランクマをやるに辺り、エネコンでなく猪突を採用する意味は1ミリもありませんね。
猪突が入ってる方と当たると






と僕はほくそ笑みながら墓地の機械天使の儀式を除外することでしょう。





底なし落とし穴




以上の理論で枠を詰めていくと39枚が確定になります
ここは不動でしょう

残り1枠で差が出るのですが僕は底なしの落とし穴を選びました。


ネフや茶吉尼に対して破壊以上の効果がありますしモンが残っても茶吉尼で食ったり弁天で餌にしたりと1枚入れておくとかなりいい動きをしてくれます。









基本的な動き


3天使欲張りコース

【条件】
プチエンジェルorセンジュorソニバ
を使用し
弁天and韋駄天and儀式魔法
がそろう状況



1. 弁天をリリースして韋駄天を召喚
 韋駄天で墓地の儀式回収、弁天で茶吉尼サーチ
2. サーチャーと韋駄天を巻き込み儀式を発動
 茶吉尼を召喚。韋駄天効果で1/1バフ

これで3700打点貫通もち破壊耐性もちのバケモノが送り出され、
ファンファーレで相手モン一体消滅、エンドに墓地から1枚サルべができます。




この動きができると返せる手段は茶吉尼のみになります




基本的にはこの動きを目指してうごいていきますが手札によっては茶吉尼リリース茶吉尼や韋駄天リリース弁天で盤面をとっていくことになります。


茶吉尼のエンド時回収はなるべく韋駄天に回し後続の確保をしておくことと、墓地に儀式魔法を切らさないことを意識すれば基本負けません。

異次元カードパワーを投げつけてるだけで敵が死にます。





各デッキとの相性


レッドアイズ
先ほど記入したとおり打点が絶妙なので普通に茶吉尼を出しているだけで相手が息切れしてくのですが、満足コースが決まると1ターンで決着がつきます。

彼らは突破方法がないので基本サレしてくれますね。
かつての環境トップが無残なものです


ネフティス
レッドアイズと同じく普通に茶吉尼を出しているだけで相手が疲弊します。

魔法罠の除去には長けていますがモンの除去は苦手なうえに墓地の儀式がどうしようもないので基本負けません。


業火の重騎士にだけ注意しておけば大丈夫でしょう。
出してきた場合には一体茶吉尼を育てるというよりはフォロワーを横に並べるという点を意識するとやりやすいかもしれません。




ミラー


鬼むずかしいです

茶吉尼は先出ししても相手の茶吉尼の効果は破壊をすり抜けて除去してくるので墓地の儀式は役に立ちません。

では後出しすればよいのかというとそういうわけではなくエネコンの餌になってしまうので一瞬でリソースを失い負けます。



そこで僕が出した結論は弁天ビートですね。

センジュや弁天等のフォロワーを横に並べて盤面をとっていきながらエネコンで牽制する地味な戦い方です。

弁天はライフを奪う能力に長けているので相手のサーチャーをしばいているだけでリーサルまで見えてきますし
エネコンでリリースに使用した場合でもラストワード能力が発動し後続の弁天を持ってくることができるので粘り強く戦うことができます。




なので僕はスキルリスタートを使用しているのですが、マリガン基準は「エネコンがみえるまで」
です
動けるとか動けないとかではなくエネコンがないとお話にならないので。


全盛期ニセコイ相手にマリカがあろうがなかろうが美夏を握るのと同じ理論です。





スキル

明日香の「儀式の檻が発動してスタート」を最初は使っていたのですが、
確実に天使だとばれるのでエネコン温存されて不利益しか生まなかったのでカモフラージュのため遊戯君でリスタートを使っています。


どうしようもない事故で負けることも少なくなりますし、
明日香が見えた場合は全力でマリガンできますし、逆にこちらが天使であるかと所見ではわからないのでいいことずくしでした。












というわけで儀式天使でした
かなり強いですよ。みなさんも使ってみてください
と気軽に言いましたが最後に構築難易度を載せておきますね



茶吉尼・・・明日香のSRドロップ
エネコン・・・海馬のSRドロップ
絶対儀式・・・明日香のSRドロップ
ソニバセンジュ・・・産廃メガブースターのUR
プチエンジェル・・・明日香のレベル報酬の最難関



更に明日香の周回が鬼のように難しいので注意です



なぜなら
相手も儀式天使を使用してくるから



そのためには風魔の呪印を3枚入れたメタデッキを使うしかないのですが風魔の呪印は三沢のSRドロップです








その三沢君の出現条件がこちら。










何から始めていいのかわかりませんね。
みなさんがんばりましょう














ちなみに唯一負けた試合は1ターン目でこれやられてブチ切れました。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。