スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察 メタビアンデ

不具合によりランクリセットが普段の倍で行われましたクソリンクスです





「不具合だしランク戻ってからやるか....」






「.....」











いや不具合修正しないのかよ!!!











というわけで最近好んで使ってますメタビアンデの雑感です







ゴールド~プラチナ帯まで落とされてわかったんですけどこの辺って青眼使ってる人がすごい多いんですよね



いつもの忍者だと2900以上の打点がめちゃくちゃきつくて安定しないんで今はもっぱらこっちつかってますね







メタビといいつつメタ要素を含むキャラは1体しかいません










業火の重騎士です


デュアル召喚すると、攻撃時に特殊召喚されたモンスター1枚を除外する効果を得るのですが、
特殊召喚方法が増え始めたデュエルリンクスにこの効果がガン刺さりしてます




と実はワンキルをしてくるナチュル以外のトップメタデッキ全てに対しても
メタが貼れる超有能カードなのですが




トゥーン
全モンスターが特殊召喚モンスターなので全てが対象
デュアル達成できればほぼ勝利



青眼
当然青眼
最近数が増えてるのでメタ筆頭


真紅眼

レッドアイズども
無限に蘇生してくるレッドアイズに対して除外というアプローチができるので1枚で機能停止にさせることが可能


忍者
スキルで下級忍者に上が取れ、たまらず変化の術で出てきた最上級モンスターに対しても簡単に処理が可能
普通の除去であればチェーン変化の術で回避されるが逃さず仕留めることが可能





というわけであくまでこの業火の重騎士が主軸であるということを念頭に置いて読み進んでいただけると助かります



完成形としてはデュアルされた業火の重騎士を多くの防御カードで固めるといった構想ですので、どうしてもネックとなってくるので発動条件のデュアルですね。

そこで重騎士の恵まれた種族であるアンデット族に注目し、多彩な特殊召喚方法で彼を維持し続けるデッキを構築しました。
業火の重騎士が場に残った状態でターンを迎える状況を常に維持し続けるデッキであるとも言えます





それでは脇を固める優秀なサポーターの紹介です



牛頭鬼


このデッキのメインエンジンです
引かないと始まりません。

①起動で使えるおろまい
基本は不要になるゴブリンゾンビを落としてデッキ圧縮を図るのですが、最重要カードである業火の重騎士がいない場合においてもすばやく墓地に置いておくことでイルブラッドやスーペルでリアニメイトの択がとれるようになるので
非常に重要な位置付けにある効果であると言えます

ターンが帰ってきた場合再び使用することができる起動効果ですのでキャラをどんどん落としていくことでデッキ内の防御札の圧縮率を上昇させることができ、終盤のドローの質を向上させるという大きな役割を担っています。



②墓地に落ちた場合に牛頭鬼以外のアンデット族を除外することで手からアンデットを場出しできる効果。

実はこのデッキにおいてはこちらの効果をメインに使っていくことになります。


業火の重騎士が場にいる状態でターンを迎えるためにはこの効果を使用し相手ターンに出しておくことが実は一番手っ取り早いのは言うまでもありません。


牛頭鬼でゴブゾンを落として返しの特殊召喚されたモンスターからの破壊をトリガーに業火の重騎士を場出ししたまま再度召喚を行い除去をぶつけていくプレイが非常に綺麗です。


これが特殊召喚されたモンスターでなかった場合は後述するイルブラッドを場出しすることで返しでデュアルしそのまま落ちた牛頭鬼をリアニメイトし再び牛頭鬼の効果を起動......


といったように一連の流れに全く無駄がありません。


更に牛頭鬼Aの①の効果で牛頭鬼Bを落とすことで牛頭鬼BのSS効果が誘発し手札のアンデットを場出しできるので実質ブリキンギョのような使い方もできます
召喚権を使用しないのでそのままデュアルに移行できる点も非常に噛み合っており


総合的に代わりになるようなカードはない非常に優秀なサポーターになりました



3枚必須です





地獄の門番 イル・ブラッド



牛頭鬼と組み合わせることで無限のアド精製機となる強力なカードですが、このデッキでの立ち位置としてはあくまで重騎士のサポートであるに過ぎないと考えています。

なぜなら重騎士を出してデュアルするのと一度このカードを噛ませて再度召喚するのではテンポが一回分遅れており、なおかつイルブラッドの破壊をトリガーにスーパー重騎士くん人形も没シュートされてしまうからです。




なので緊急性がある場合はすぐに重騎士が出てきます。
余裕がある場合は一度このカードを噛ませることで無限に場が増え続けていくので一気に制圧できます
要は使い分けですね。



このカードの大きな役割としては墓地の重騎士をリアニメイトできる点に集約されているでしょう。

もし重騎士を引けなかった場合においても牛頭鬼落下からこいつでリアニメイトすることで
手札消費を抑えたまま山で眠っている重騎士を引きずり出すことができるので非常に重宝します。




基本的に素出しはアド損なので牛頭鬼の効果で出していくことになります。

破壊トリガーを待つばかりではなく面を制圧したいタイミングでは
先ほどの牛頭鬼落としムーブで自ターンに強襲させ効果で使った牛頭鬼を蘇生するムーブも非常に綺麗です。


更にもう一枚イルブラッドが握れていれば場の牛頭鬼の破壊トリガーで後続の供給も可能ですので場が崩された場合にも落ち着いて切り返しを行うことができます。



打点が少し低いのが気になりますがそれを補って余りあるきうりくなモンスターであると言えるでしょう。



ゴブゾンゾンビ


デッキ内の全てのキャラにアクセスできる優秀なサーチャーで、足りていないパーツに対しても簡単に手が届くので潤滑油としてかなりいい動きをしてくれます。


ただし中~終盤に手に来るとお荷物でしかないので積極的に牛頭鬼で落として墓地ソースとして活用します。



墓地に落としておいてイルブラッドで蘇生するとちょっとだけ強力で、


イルブラッドのスーパーひとしくん人形没シュート効果で牛頭鬼と一緒に巻き込んで破壊させる状況を作っておくことで

チェーンを


1、牛頭鬼
2、ゴブゾン
と組むと先にゴブゾンの効果処理から行えるのでイルブラッドを新しく持ってきた後に牛頭鬼の効果で場出しし、
返しで再度召喚を行うことで実質的な損害はキャラが一体破壊されたのみ

と大幅にディスアドを軽減できます


小技として覚えておくとイルブラッドのリアニ対象にゴブゾンが挙がることもあるので覚えておきましょう。




そしてもう一つ地味に強力な点が、最近流行り始めているエクゾディアデッキに対してトップ落下効果が刺さります。


彼らは全部サーチできる体でデッキを構築しているので基本的にサルベージカードはいっておりません。


なのでゴブゾンでしつこくなぐってパーツをどれか1枚でも落とすことができればその瞬間に勝利が確定するという隠れた効果も見逃せません。





スーペルヴィス



ビートダウンデッキなので単体で解決していないカードは基本的には入れたくないのですが、このカードに関してはあるのとないのでは動きの柔軟性が雲泥の差なので投入しています。


とにかく重騎士の条件を即満たせるのが強力で、イルブラッドからのリアニメイトムーブを取る際に召喚権が一つ足りないのですがそれを簡単に補うことができます。


手出しで重騎士を出したターンにも即効果が使用できる点も便利さに拍車をかけています。



もちろん蘇生効果にも注目するべきで
このデッキのコンセプトである重騎士を場に残したままターンを迎える
ということを維持し続ける上で重要な役割を果たします。


常に重騎士が生き続けるというきとは相手にとって相当な圧力であり、
2回以上蘇生込みで重騎士を破壊するということは召喚権の関係上特殊召喚を含まねば難しく


すなわち一歩間違えれば重騎士の餌になるということなのでスーペルが装備された重機がいかに鬱陶しいものであるかということがわかります。




それでもやはり事故の元になり得るカードでもあるので投入枚数は必要最低限の2枚。
この辺りが難しいところです。








残りは全て防御札で固めています。

猪突猛進>エネコンの理由としては、苦手とする相手が通常召喚された高打点モンスターであるのでそれらを突破するために多めに入れてあります。







スキル

絆の力!


重騎士で相手の下級に上を取れないのがもどかしいデッキでありましたが遊戯くん実装で生まれ変わりました。

1800打点に上を取れるのが大きいだけでなく、イルブラッドなどですぐ盤面が埋まりやすいのでパンプ値も最大を叩き出しやすく

アンデットの展開力と非常にマッチしたスキルであると言えます。








各デッキとのマッチング



青眼

メタ対象なのでめちゃくちゃ相性が良いです。
基本的にはカイバーマンorコドモドラゴンで出てくることが多いのですが、そのどちらに対しても初手牛頭鬼から対応することが可能であり。


カイバーマンの場合は破壊トリガーから重騎士を出して返しで再度召喚


コドモドラゴンの場合は牛頭鬼落としムーブで重騎士を場出しし再度召喚。
牛頭鬼でコドモドラゴンを倒せば出てきた青眼に除外をぶつけることができます。


下級の打点が高いので重騎士の維持が大変ですが、防御札をうまく合わせれば簡単にマウントが取れます。




真紅眼
墓地からスピリットとワイバーンで無限に湧いてくるレッドアイズが鬱陶しいデッキですが、

他デッキと違い除外というアプローチを仕掛けることができるので蘇生カードはあるけどレッドアイズがもう無い
という状況に仕向けやすく終始有利に進めることができます。




トゥーン

一番相性が良いです
キングダムによる体制の唯一の抜け穴である「対象を取らない除外」を重騎士は保持しているので相手のトゥーンを根こそぎ除外することが可能です。


相手のトゥーンは召喚酔いをするので重騎士を対処することが非常に困難であり、こちらも簡単に再度召喚のチャンスが訪れる。とすこぶる相性が良いですね。



ナチュル

プレイング次第では五分五分にもっていけます。

たくさん入った防御札と牛頭鬼のSS効果で壁を作りやすく簡単に次のターンがもらえます。

そこで重騎士にスーペルをつけてまずはクワガタを処理。

返しで相手の打点がカボチャの1700、アジサイの2200ですがスーペルの効果で重騎士が死んでも蘇りカボチャに殴られないので
再度召喚しアジサイを処理すれば機能停止に追い込むことが可能です





エクゾディア

最近流行ってますね

重騎士は狙わずに牛頭鬼のSS効果とスキルで速攻勝利を狙います。


2ターン目には場が3面埋まり300バフをかけれるので下級の打点が2000まで伸び2発通れば勝ちなので揃う前に速攻で勝負を決めやすいです。





氷結界

当然相手が破壊を狙ってくるのは伏せカードなのでチェーンで猪突猛進を発動し水属性を選択すればワンキルはされません。

返しでグルナードorガンダーラに重騎士をぶつければ相手はもうすることがないので勝ちです








恐竜

めっちゃくっちゃ相性が悪いです
下級の打点1900がキツく容易に突破できないのと、

特殊召喚を行わないので重騎士が刺さりません。

なのでイルブラッド展開で押すしかないのですがイルブラッドが破壊耐性を持っていないので突撃司令一枚で戦線が崩壊します。



キツい






めちゃくちゃ相性が悪いです


下級の打点1900がきt

特殊召喚を行わないので重騎士が刺さりm

フィッシャーチャージ一枚で戦線が崩壊しm




キツい












と最新のデッキに対しては非常に有利に当たれますが、どうしてもメタが一周しちゃうにでひと昔前のデッキに対しては非常に相性が悪いですね......

























失礼致しました、熱盛と出てしまいました

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。