コラム:迷宮兄弟がリンクスにもたらしたもの

こんにちは

OCGの世界大会の観戦権をデュエルリンクス内での抽選にすると発表したところ一週間でユーザーが2倍にまで膨れ上がり、抽選が終わった後にはアクティブユーザーがほとんど消えてしまったデュエルリンクス

がそこそこすきなかめやまです



アカウント30個用意した友人は全て落ちたと言っていました
現在某ショッピングサイトで転売されている抽選通ったアカウントの相場は10万らしいです。
もうこんなソシャゲ嫌です。


話題がそれましたが、今回の話題について触れていきます。

まとめ上げてみたいのがみんな大好き迷宮兄弟です




現在のデュエルリンクスは迷宮兄弟のスキルを全解放していないとまともに遊ぶこともできないまさに迷宮リンクス

なぜこのような事態にまで陥ってしまったのか改めて振り返るために迷宮兄弟の反省をも皆さんにもお伝えしようと思って書き上げました。








5月末
迷宮兄弟イベントスタート


全ての始まりです。
誰も予想していなかった地味なキャラの実装に微妙な反応が隠せず盛り上がりに欠けたイベント。
スキルも判明時はそれほど注目されることもなくドロップカードも汎用性が低かったりカードパワークソ雑魚ナメクジだったりと散々な言われ様でした。




ランク戦で目にすることなど一度も無く微妙な雰囲気のままイベントは終了


一応、来たイベントは全部走り切ることにしてたので杏子で毎日スライム増殖炉を送りつけてボコボコにしてました。


今考えるとここでサボった人は今めちゃくちゃ苦労してますもんね。
使う未来が見えなくても義務リンクスで死ぬまで周回しろという風潮を生み出した張本人かもしれません。






6月頭
バクライベント

あまりの難易度にイベントを走りきれなかった人続出だったバクライベント。
不満の声が多かったようで短スパンでデッキにも調整が入り復刻。


難易度は下がったもののエネコンクリボール炸裂装甲ガン積みぼ周回殺しデッキで今までの主流だった薄幸ロックやケルベロスなんかは一切通用せずに頭を抱えるグッドバイリンカー





そんな中注目されたのが迷宮兄弟のスキル「合体魔神招来」


どこをどう見ても
「ゲートガーディアンを召喚しろ」とそのまま書いてあるスキルなのですが


当然そんな使い方をされるわけもなく




???「これゲートガーディアン出さずに三魔神放置したら攻撃されなくね???」




というまさにバカと天才は紙一重とも取れる気付きのおかげで魔神ロックという今までに無い画期的な周回デッキが開発されることとなりました




今までのデッキと大きく異なる点が「初手に左右されない」という点です。
スライムロックにしても薄幸ロックにしてもどうしてもスライムを引けない。や、薄幸の乙女を引けない。という一定の運要素が絡み
何回も施工を繰り返すうちにどうしても下ブレが起こる試合がありロックが完成しないという場面が目立っていました






しかし魔神ロックに関しては初手でロックが完成してしまうので、運要素が一切絡まず下ブレを引くと言ったことがありません

100%の確率で周回を行うことができるようになったのです。


誇張無しでバクライベント中は一回の負けもありませんでした





ここから迷宮兄弟の伝説が始まります









ちなみにどーでもいいんですけどスキルで生成されたゲートガーディアンは手札コストに使います。

自分、涙いいっすか。






6月中旬
モクバイベント


目玉であるコドモドラゴンを求め多くのリンカーが周回に挑みました


モクバの使用するデッキは青眼高速召喚デッキ
打点が非常に大きく普通のデッキでは負けることもあるデッキでした。



三魔神も打点で上を取られてしまいましたがここでいつもの




「これゲートガーディアン出したら攻撃さr














ゲートガーディアンも でたぁ!(cv.大山のぶ代)



というわけでまたも迷宮兄弟大活躍です。

このスキルの強みとして
①ライフが自動的に500まで下がるので勝手にライフポイントギリギリボーナスをもらうことができる
②壁として残った魔神やゲートガーディアンをそのままユニアタの弾として利用することができ、王家の神殿で究極龍を出すスロットを用意しなくてもよい



とまさに周回のために生まれたようなスキルなのです。




そして多くのリンカーが迷宮兄弟で周回を行いドロップスキルを獲得していくことでランク戦まで巻き込んだ迷宮兄弟フィーバーが始まっていきます









リミットレギュレーション



6月中旬から同時に始まったランク戦で今までに見なかったデッキが突如台頭し環境を荒らし回っていました



そう





みなさんご存知







迷宮兄弟です(ナーフ前はコスト2000)


前記事でも書きましたがパワフルなスキル、三星降格が大流行


どう見ても三魔神を出すために作られたスキルですが(2回目)



当然そんな使い方をされるはずがなく(2回目)


ただ単にオーバーパワーばレベル7を出して殴って回復して

という大怪獣バトルが繰り広げられる混沌環境になってしまいました




晩成期に開発されたブラマジパーミに至っては先攻ブラマジ看破が決まると















コマギレニシテヤル!(脳内で流れるBGM)



でも実際こま切れになったのは迷宮兄弟の方でさすがにやり過ぎたと思ったのかちゃんと弱体化されました。



実装から一ヶ月立たずでのナーフだったのでいかに環境に与えた影響が大きかったかがわかりますね。

NPC戦でもランク戦でもひたすらハゲと顔を合わせるのにうんざりしてたのでまぁ良しとします。









7月中旬
本気城之内イベント
レッドアイズインサイトやレッドアイズスピリッツなどが目玉のイベント

前回はスライムを送りつけるだけで勝てましたが仕様変更でスライムロックは消滅。

毎ターン大量に飛んでくる除去に薄幸ロックや魔神ロックでは太刀打ちできず皆が諦めかけていたとき

さっそうと現れたあのデュエリストが活路を開いてくれたのです!




そう!










迷宮兄弟じゃねーか!!(クソ雑魚ナメクジ)


今回注目されたスキルは迷宮兄弟のドロップスキルの一つで手札2枚をデッキに戻すことで迷宮壁ラビリンスウォールを生成するというもの



城之内のデッキには攻撃力3000を超えるモンスターが入っておらずラビリンスウォールを置くことで追撃は止まります。


しかし風霊術-雅-などの厄介な除去に対しての対抗策は?と言った疑問に対してあるキャラのドロップカードが結論を出してくれました









わかりやすく言うと亜空間物質転送装置の、相手が直接攻撃して来たときにモンスターを場に戻せる版です


これで雅に対して回避行動を行うと
AI「直接攻撃すると....ラビリンスウォールが戻ってくる...?じゃあ、攻撃しなけりゃいいじゃん!」


となるのでバトルフェイズの巻き戻しを知らない可哀想なAIは一切攻撃してこなくなるので最後にフィニッシュするだけでOKです




フィニッシュも一風変わっていて
嵐で自分のディメンジョンゲートごと破壊して相手の伏せを除去。
戻って来たラビリンスウォールに右手に盾を左手に剣をを使用し攻撃力を底上げしてユニアタでフィニッシュという奇想天外なものになっています。




ここで気になるディメンジョンゲートで誰から落ちるのっていう疑問。



















迷宮兄弟じゃねーか!!(くそでかため息)







7月末
パンドライベント

ブラックマジシャンをメインに携えたデッキでパンドラが登場

千本ナイフや黒魔導など多彩な除去で今までの周回デッキは使用できませんでしたがやっぱり攻撃力が3000を上回ることがなかったので


迷宮作成がドはまりしました




このデッキも合体魔神招来と同じ利点を持っており
①開幕ラビリンスウォールが呼べるので初手に左右されるということがなく、安定した周回が可能

②壁として使ったラビリンスウォールをそのままユニアタの弾として使える


と周回デッキに求められていることが全て備わっている完璧なデッキであると言えるでしょう






8月頭

マリクイベント


遂に実装された闇マリク

気になるデッキは仮面魔獣デス・ガーディウスの高速召喚
およびラヴァ・ゴーレムによるこちらのロック解除


とひじょーーーに嫌らしい相手でした
遂に攻撃力3000を超えるモンスターが敵に現れやばいか?!となりましたが







やっぱり迷宮兄弟には効きませんでした。

守備力は魔法壁でケア




魔法壁を引けるか引けないかのゲームになってしまいましたがここばっかりはしょうがないですね。


逆に魔法壁がもたらすメリットも大きく、行きで300のバフがかかることを利用しユニアタを3枚使用することで自力で攻撃力を9900上げれるので横にモンスターを用意することなく従者の攻撃力を1万オーバーまで育てることができるようになったのです。




ラヴァ・ゴーレムに関しても出てるモンスターがラビリンスウォールだけなので効きません。



ここまで来ると運営もさすがに気付きます


「あのハゲがヤバい。潰そう」










そして先日から始まった
華麗なる孔雀舞イベント



ガルドスの羽ペンだけでなく。ハーピィの狩場や疾風鳥人ジョーなど魔法トラップ対策に特化しており遂にディメンジョンゲートでは防ぎきれなくなりました




「さすがに今回は迷宮兄弟じゃむりかな....」
「他の周回キャラを探すか...」




と皆が匙を投げ始め、試行錯誤すること2日。
遂に今日孔雀舞に対する完璧な周回デッキが完成し僕にところにも情報が流れて来ました。
























迷宮兄弟じゃねーか!(くそでかナメクジ)







今回も奇想天外で、ミミックで山を掘りながら墓地を肥やしラビリンスウォールの横にダークネクロフィアを置くことでバウンスが全てネクロフィアに飛ぶというもの




そうすれば手札に戻ったダークネクロフィアを再び出し入れし続けることで除去は効かず魔法トラップも出さなくて良いので狩場の的にもならないというもの







最後はお馴染み右手に盾をからユニアタで攻守が入れ替わった疾風鳥人を攻撃することでちょうどよく1万前後のダメが入りハイスコアが取れるというもの












ハゲを倒す手段は.....ない.......














というわけで迷宮兄弟の半生を振り返ったわけですが彼らが活躍しなかった時期って本当に一度もありませんね






スキルが強力、ドロップカードも強力とイベント周回し得しかありません


その反動かレベルアップ報酬でもらえるカードはクソ雑魚ナメクジしかありませんけどね。











今からデュエルリンクスを始めようと思っているあなた。







悪いことは言いません



迷宮兄弟イベントが来たときにしておきましょう



今始めてもなにもできません









何がヤバいって新しくキャラがゲットできるイベント系で唯一復刻が行われてないのが迷宮兄弟っていうのがクソですよね







麻婆丼
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク