デュエルリンクス 制限改訂まとめ

リミットレギュレーション


革命
ここに関しては万人の意見が一致するでしょう
「だよな」


そもそも初期ライフ4000で連打が許されるようなカードではなかったですよね。
杏子のスキル「デュエルスタンバイ」とのシナジーは最初期から注目されており、カードプールの増加で優秀なバーンカードが数多く登場した結果最悪のキルカードとして機能するようになってしまいました。

性質上先攻で連打することが望ましく、スタンバイバーンのジャンケンゲーを加速させてしまった張本人であります


さすがに最初のリミットレギュレーションで禁止カードを出すのはまずいと思ったのか制限カードということで落ち着いてますが、さすがに革命1枚で初期ライフを削りきれるほど甘くはないのでスタンバイバーンは使われなくなるでしょうね。

猛威を振るったスタンバイバーンもここで消滅です
あれめちゃくちょ嫌いだったのでこれでランク戦も少しは頑張れそうです。



周回への影響としては、lv30で止めている身としてはマジカルシルクハット相手にフルバーンで周回してるので革命が1枚になったのは結構痛いですが、
まぁリペア組んで立て直せるレベルネオだと思ってます





スキル修正







狩場
初期フィールドが狩場

デッキトップが狩場でスタート


フライング寄生
1~3枚のパラサイトが相手のデッキに寄生

1or2枚のパラサイトが相手のデッキに寄生


天使の微笑み
ライフゲイン値500

ライフゲイン値1000


三星降格
ライフコスト2000

ライフコスト3000







ハーピィの狩場

実質初期手札+1枚。さらにハーピィを召喚することで+1枚のアドバンテージが確約される破格とも言えるスキルでしたがついに調整が入りました。
得たアドバンテージを突撃司令やサクリファイスで消費しテンポを握っていくデッキでしたので-1枚のアドバンテージがどれだけ響くかですね。


総合打点が低く1枚に対して2枚で戦っていくデッキでしたのでサイズが大きく伏せに依存しない迷宮兄弟に対して非常に相性が悪く元々数が減り気味だった現状に対しては大きな追い打ちとなるでしょう。



しかしながら狩場自体は優秀なサポートカードであることに変わりはなく、ナーフがかかったデッキの中でも被害は小さい方ではあるのでリペアでもやれないことはないと思われますね


伏せに依存するデッキは狩場が環境にいるせいで全く息をしていなかったのでこれで少しは様々なデッキタイプが台頭してくることを願います






フライング寄生


ただでさえ死に掛けだったのにワンチャンが作れる可能性があった3枚寄生がお亡くなりになったせいでワンチャンもなくなった気がします。


どうせするなら2枚寄生確定にでもしないとバランス調整になってないと思うんですがね。


最低値の1枚寄生の確率が50%とか僕はもう怖くて使えません。
まぁ高ランク帯ではほとんど見ないデッキですのでランカーにとってはそれほど大きな影響もないでしょう。



天使の微笑み

ランク戦でのイシズの使用率は誇張無しで0.001%だと思っています。

前回の上方修正でも全くと言って良いほど強くならず、さて今回はというと「うんこ」が「うんち」になったレベルの変化だと言っても過言ではないでしょう。



ライフゲインの値こそ上がったもののデッキを天使で縛らなければならないという制約には全く見合っておりませんし、
肝心のライフコストを払って発動するカードにまともなものがありません
強いて言えば銀幕くらいですがあれは維持コストを払わずに使い切りで打つものなのでまたちがいますよね。


いっそ相手が回復する効果にでもした方がシモッチと組み合わせることができたからよかったのになってレベルです



次回はどんな死体蹴りをしてくるのか楽しみに待っています




三星降格

今回のメインナーフ

登場するや否や環境を席巻しレベル7ブームを引き起こした迷宮兄弟



さすがにやり過ぎたのか一ヶ月でナーフが入ることになりました



環境における問題点
①デュエルスピードの高速化
先攻リボルバードラゴン召喚からの返しで回復カードを使いもう一体レベル7を展開しライフを奪い取る動きが強力すぎました。
先攻リボルバーに対して回答がないデッキではこのムーブをされるだけで2ターンで決着が着いてしまうというまさにスピードデュエルな環境が繰り広げられていたのです。


②先攻ゲーの加速
迷宮兄弟のもう一つの強力なデッキタイプとして「ブラマジパーミッション」というものがありました。
これはレベル7で唯一の通常モンスターであるブラック・マジシャンを速攻で呼び出すことで王者の看破の発動条件を満たし


その他の黒☆魔☆道などの強力なサポートカードで制圧していくデッキなのですが、このデッキがミラーマッチで対面した時のことを考えてみてください



先攻は普通にブラマジを召喚し看破を伏せるだけで良いのですが、後攻側はなんということでしょう2000ライフを払ってまで召喚したブラックマジシャンは看破ではじかれ、手札にある看破、黒魔道などのサポートカードは全て紙屑と化し、


起死回生の至高の木の実

もなんと相手も2000ライフを払っているのでライフが一緒で使えません。











本当に後攻側に勝てる可能性が残されていないのでジャンケンにがんばって勝ってねというゲームになってしまいます。

この点に関しては本当にどうにかして欲しかったのでナーフは当然かもしれませんね。




さてナーフ後ですが、元から2枚目を使うためには回復札が必要でしたので至高の木の実の代わりに女神の加護を使うことになるでしょう


しかし場を圧迫するというデメリットを孕み、ナーフ前は1度の使用で2回目、3回目のスキル使用が確約されていたにも関わらずナーフ後は1体につき1枚を使用していくこととなり非常に燃費が悪くなりました。

それでもブラマジパーミッションの制圧力は頭一つ抜けていますし守護天使ジャンヌをメインで使っていくことで動くことはできるレベルに落ち着いたと思います









というわけでナーフまとめでした

うまく環境頭三つが凹まされたわけですが、僕が使っているデッキが上記3つに非常に相性が悪かったので環境的には追い風であることに間違いはありません

トップメタに何がくるかは中々読めませんが、ミンゲイタイラント、クロスソウル墓守、あとはレッドアイズあたりが怪しいですね



レッドアイズのサポートカードですけどオーバースペックな札多過ぎません?
紅玉の方札だとか

レッドアイズスピリッツだとか真紅眼の飛竜だとかカードパワーアバれてるやつらばかりなんですよね
入手が難しいですけど


次の時代はドラゴンが席巻するかもしれません。
ラストギャンブルドラゴンとかいうインスピレーション溢れるデッキも流行ってるみたいですし色々楽しみですね


ラストギャンブル欲しいんで城之内周回がんばります

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク