デュエルリンクス環境考察2

こんばんわ


今デュエルリンクスは選考会を目指すデュエリストで溢れ、多くのリンカーが選考会への切符
デュエルキングを目指して四苦八苦しています




では今回はそんなメタゲームの環境考察をしていきたいと思います!






・前回からの変遷



前回の世界大会でTOP20人全てが「スリカエサクリ」
※キースのスキル『スリカエ』(2回だけ使えるスキルで、手札1枚を山に戻し1枚ドロー)を利用したサクリファイスコントロール

というめちゃくちゃな状況を受け、緊急のメンテナンスが行われました。

回数制限だけだったスリカエに
「ライフが1000減る毎に使用できる」という制限をつけ乱発ができなくなった良調整





これを受けスリカエサクリの一強から様々なデッキが環境に台頭し多種多様なデッキタイプが現れ素晴らしいメタゲームが繰り広げられています









・トップメタ


現在のトップメタは
・狩場ハーピィ
・スタンバイバーン
・迷宮兄弟


の3種類です







狩場ハーピィ
使用者:舞
スキル:ハーピィの狩場


古くから存在するデッキタイプで、環境2番手という立ち位置が多かったのですが
スリカエサクリの消滅により一気にトップメタへ


バードフェイス、音速ダックの追加で打点が上がったのも大きく非常に高い安定性と盤面打開力を誇ります


特に狩場発動から一体戦闘破壊、
突撃指令セットの布陣は強力で簡単にアドバンテージを稼げます




凡骨の維持を採用したバニラメイン型やサクリファイスと組み合わせた狩場サクリなど環境に合わせ姿を変えて生き残れるのも特徴で、ランク戦を勝ち進む上で避けては通れないデッキタイプです



強力なのは間違いないのですが、メインアタッカーはハーピィなので打点が低いことに変わりはありません
サポートカードを引けないと力負けすることも多いので万能ではありませんね









スタンバイバーン
使用者:杏子
スキル:デュエルスタンバイ!(お互いの初期手札が1枚増える)




炎の女暗殺者の登場で一気にトップメタへと躍り出たデッキ



基本的な動きは初期手札が増えることを利用し、
カップオブエース、天よりの宝札のドローカード
革命、燃え盛る大地のバーンカード
を利用したワンキルデッキです


特にカップオブエースは成功すればバーン札が増え、失敗すれば革命のバーン値が上がるとかなりの好相性


今まではギリギリで削りきれないことが多く切り返しで負けることが多かったのですが、高い火力を誇る炎の女暗殺者の登場で削り切れる可能性が非常に高くなるand盤面を開けて渡さなくてもよくなる


と抜群の相性で桁違いの勝率を誇るデッキになりました


先攻が取れればほぼ勝てます





弱点はといえば逆に先攻を取られた場合


杏子と分かった時点でこのデッキ以外ありえないので先攻で手札を全て消化すれば革命など何も怖くありません


ほんとにジャンケンポンで決まるので僕は非常に嫌いなデッキです



それでも後攻でも勝てる可能性は全然あるので勝率は5割以上

回数をこなせば確実にランクは上がっていくので非常に人気なデッキです


ほんとこのゲームクソですね。








迷宮兄弟
使用者:迷宮兄弟
スキル:三星降格



迷宮兄弟イベント後突如台頭してきたニューカマー


スキル概要は2000ライフを払えばレベル7モンスターをリリース無しで出せるというもの



恐らくというか確実に雷魔神とかを出すために作られたのでしょうが当然そんな使い方をされるわけもなく、



基本的なムーブはフレイムオーガ


を連打してのビートダウンとなります

減ったライフはすぐさまディアン・ケトや至高の木の実

で取り返しどんどん7つ星モンスターを出していきます


リボルバー・ドラゴンと二重召喚を採用したワンキル特化型や、



ブラックマジシャンを登場させ王者の看破を貼るパーミッション型も存在し可能性に満ち溢れたデッキです





と、非常にパワフルなデッキなのですが
スキルの起動条件のライフ2000が先に削られてしまうと何もすることができずただただ負けてしまいます



特にトップメタのスタンバイバーンと絶望的に相性が悪くこの点については考えなくてはなりません









トップメタは恐らくこの3つです
デッキパワーが頭一つ抜けており使用者も非常に多いです



ここからは環境中堅勢ですね

正直全員団子状態です
デッキパワーにそこまで差がなく使用者数も似たり寄ったりなので細分化する必要はないと考えます







墓守
使用者:遊戯
スキル:闇の力(闇が発動した状態でスタート)

前回環境トップもインフレに押されランクダウン
召喚師が簡単に戦闘破壊されるようになってしまい、リリースを揃えられずジリ貧のまま負けてしまうことが増えました


それでも審神者のコントロール力は強力ですし、リリースが揃えられれば全然戦えるラインではあります

ネクロバレーが実装されれば再び舞い戻ってくると信じています





ミンゲイタイラント
使用者:海馬
スキル:頂きに立つ者(山が発動した状態でスタート)



竜の尖兵


ミラージュ・ドラゴン
等強力な下級モンスターが続々とリリースされるドラゴン族


中でもミンゲイドラゴン

の登場で安定してタイラント・ドラゴンが召喚できるようになり環境に食い込んでくるまでになりました


随一の盤面制圧力を誇るタイラント・ドラゴンとオーバーウェルムの存在で盤面が完成すれば負ける可能性はほぼ無くなります

しかしながら複数枚の最上級モンスターと専用のカウンタートラップが入ることで事故率は他デッキと比べ目に見えて高いです

ハイリスクハイリターンな癖のあるデッキでしょう


フライング寄生
使用者:インセクター羽蛾
スキル:フライング寄生(デュエル開始時、ランダムの枚数相手のデッキに寄生虫パラサイトが投入されスタート)


ドロップスキルが必要なく、ダイナソー竜崎に強く当たれるので構築難易度が低いので一時期大流行しましたが

メタ対象が環境から消えパラサイトだけでライフを削り切れる相手が少なくなり環境から激減


潜り込む枚数がランダムなので安定性が低いという点でも向かい風でしょうか

ただ、素早いムササビや燃え盛る大地等強化はされ続けてるので戦えないわけではありません

高ランクではほとんど見ませんね。




使用者:梶木
スキル:海の伝説(海が貼られた状態でスタート)




ハンマー・シャークの登場で打点と展開力を手に入れ環境に舞い戻って来ました


ハリマンボウを呼び出しライフを奪い取るスピードが格段に上昇したことでトップメタに対してもある程度戦えるようになりました。

また、いつになってもやはり大波小波とダイダロスのコンボは強力で決まれば一気にライフをもぎ取れるのでどんな相手にもワンチャンを取れる点が評価され、少しずつ数を増やしつつあります。



ただやはり最初期のデッキですのでデッキパワーの低さには抗えませんね
ハンドを増やすカードが出ればトップメタも夢ではないかもしれません





恐竜
使用者:ダイナソー竜崎
スキル:恐竜王国(ジュラシックワールドでスタート)




1900打点が強かったのはもはや過去の時代

バニラが6枚も入っているデッキに用はありません。


上級モンスターもアド損無しで出てくるようになってしまったので、1枚1枚に突撃指令を当てているようでは真っ先に息切れして負けます


トップメタの狩場に絶望的に相性が悪いのも向かい風で、環境中堅勢の中でもランクが一個落ちるくらいには弱いです





擁護できる点があるとすれば........





ないですね笑


おとなしく追加待ちましょう
幸い恐竜サポートはまだ出てないので期待はできます。






スリカエサクリ
使用者:キース
スキル:スリカエ


規制こそ入ったもののサクリファイス自体が強力なことに変わりはないのでリペアをして環境には一応残っています


しかしながら強みであったサンダードラゴン→スリカエ連打で圧倒的なハンドソース確保ムーブは没収されてしまいました



それだけでなくダブったサンダードラゴンを戻して効果を使用できるようにしたり、引きすぎた儀式パーツを山に戻してセンジュソニバでハンドソース生成
等器用な動きが軒並みできなくなったので実際に使ってみると弱体化がかなり露骨に感じられます



実際、キツいです笑

ただ作成難度の割には強力なデッキですので初心者ランカーにはオススメできると思います

それだけ、サクリファイスは強いですね。





墓地ソース
使用者:バクラ
スキル:代償





魔導雑貨商人やバクラのスキルを利用し高速で墓地肥やしを行った後、

死霊の巣
による除去と


混沌空間


によるリソース確保で戦うアーキタイプです


相手ターンに行える除去と召喚権を使わない上級モンスターの呼び出しでオールラウンドに戦うことができ

ダークネクロフィアなどの強力なフィニッシャーも抱える環境ではあまり見られないタイプのコントロールデッキですね


特に死霊の巣がサクリファイスに対してぶっ刺さるので環境的に強いという点も追い風になっているかもしれません




しかしながら20枚のデッキで高速墓地肥やしというものは高いリスクを背負っている点と、どうしても初動が遅くなってしまうという点からあまり使用者が多いという印象は受けませんね





マインド軍曹
使用者:ペガサス
スキル:マインド・スキャン(ライフが3000以上の時相手の裏向きのカードが透けて見える)





こちらも環境からは落ちたもののまだ戦えてる勢ですね


とにかく銀幕に対して回答があるというのが唯一無二の利点で、相手の銀幕を封じつつこちらは一方的に銀幕を使えるというのが強力です


銀幕で一回弾けば返しダイレクト2面で一気にゲームエンドまで持っていけますからね


その弊害となる伏せもエレクトロで妨害できますし銀幕ありきのデッキだと思ってます



しかしそれ以上に今は弱点が多い


まず打点があまりに低すぎます
1枚倒すのに2枚使っているようでは先に息切れするのはこちらだと何度言ったら



もう一点、ライフ3000以上が必須ですのでスタンバイバーンに対してはただのダルマです
ボコボコにされて終わりでしょうね




というかスタンバイバーンが害悪すぎるだけなんですけど笑

マインド軍曹はほんといいデッキだと思ってます
再び環境に戻ってくることを待ってます






辛口になりましたが環境で息をしているのはこのくらいですかね


上方修正があったにも関わらず話題にもでない城之内、イシズ、リシドはほんと何やってるんでしょうかね












ちなみに僕が使ってるデッキはここには書いていない"アレ"です





うまい人はみんな"アレ"入れてるみたいですね
まだみんな気付いてないみたいですけど



またどっかのCSで結果残したらレシピ公開したいと思います

レシピ欲しい人はDMください


あ、身内限定です笑笑




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク