スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くむ:デッキレシピ とある科学の超電磁砲 もぐもぐ型(木山選抜)②

こんばんわくむですm(_ _)m


昨日の続き!
サクサク行きましょー!



パジャマの美琴
ここですよねー
少し前までは「風紀委員 初春」入れて回してました。

風紀委員めちゃくちゃ強いんですよ
後列張り替えずに12000が簡単に立つし、
自身がソウル2なので高ソウルパンチャーがいない時そのまま殴りにいってソウル不足解消したりで文句をつける気はありませんでした。


しかし、前にも書きましたが1帯でこっちが打点吸いまくって打点先行しすぎてしまった場合に
水着の初春ではどうしようもならないっていうのが嫌でした。

打点で先行されてしまうと、こちらがクロックドローすることができなくなり、よって1000/1も引く確立も低くなってしまいます。
打点が伸ばせなくなってしまい
初春だと1-2-1になってしまい追いつくには厳しいところがありますが

その時、屋根なら1000/1貼るのと同じハンド消費で1-2-2が作れます。
この+1点分が打点で追いつくためにどれだけ重要であるかはわかっていただけると思います。


屋根出して終始バーン連打して打点で追いつける試合がもぐもぐを組む前の構築で何度もあったので、
情けなくもパジャマに逃げてきました。

こんなこといっちゃあれなんですけど
とあるって
・先行移動滝壺したか
・何回CX貼れたか
・何回屋根バーン打てたか
でほとんど勝負が決まるなぁって思ってしまうときがあるんですよね。

レベル3に入ってから急いでバーン打ってても、それって屋根の旨味を完全に活かしきれてないんじゃないかなーというわけです。


あとは赤発生の為ですね
また黒子のときに書きますが。


トップチェックは使ったことある人ならわかると思いますがめちゃくちゃ使いやすいです。
リフ前に扉捲れても自分で吐けるってのが噛み合いすぎてますよね
パジャマのみに許された特権なのでとある組むならなるべく使いたいですね。




多才能力者 木山
THE・パワーカード
色んな意味でぶっとんでますね。

3帯でパワー勝負になったとき、コイツがいるといないじゃ雲泥の差なので絶対に立てます。
てか木山がいないと圏外から殴れないので屋根が強気に殴りにいけないので必須ですね。


全体レベパンってのが凄くて、屋根を横2面に配置してもどちらも1500入る
ので行き帰りの生存率を格段に上げてくれます。


チェンジと同時に必ず立てるので、もぐもぐが1面消えますが
そこでも全体パンプが活きて1帯のラインをギリギリで保ってくれます。

でかいのを早出し屋根で踏んで、横を7000の初春で踏んで行く感じになりますね。
6500と7000の差は大きいです。


今まで黒子選抜でやってたので改めて木山使うとカードパワーの高さに驚かされますね。



パッションパープル 黒子
まさかのピン

木山で良くない?って思いますが、
はい。木山でいいと思います。

じゃあなんでこっちなんだよwって話ですが、
自分がもぐもぐ使ってて
「1帯で緑しか発生してなくてハンドに扉」
っていう状況が嫌で嫌でしょうがなかったので、少しでも赤色にしたくてこっちを入れました。


前回のレシピを見てもらうとわかるのですが、
赤が24の割にレベルに置けるカードが少ないことがわかります。

CX、屋根は論外ですし、助太刀も極力置きたくありません。
となるとおけるのが移動と相打ちだけということになり実質8枚です

しかも移動は0で盤面に残りますし、移動は滝壺で引っ張ってきてどんどん投げていくのであまり流れません。

というわけで1に入ったあたりで赤を発生できる確立が見た目以上にひくいんですよね。

1帯で赤がないということはCXを打てないということなりこれはコンセプトの崩壊です。

僕自身1000/1大好き人間なのでマリガンではよっぽど引き込んでない限りほとんど切らず、ハンドにガメて戦っているので打つのが1ターン遅れるということはテンポを大きく崩し、勝敗にも関わってきます。


そこでレベル応援を1枚と、チェンジ元を赤に変えてみました。

これが正解だったようで、3枚増えただけで発生がだいぶ楽になりました。
気付くとレベル置き場にこの2枚を置いていることが多く、これ抜いてたら危なかったな。
と、密かに思うことが多々あります。



元々、レベル応援としての単体性能は文句のつけようがないカードであり、
同じ土俵に木山という化け物が居たせいで目立たなかっただけで
相手を蹂躙するには補って余りある強さを持っているので

立たせていて弱いなと思ったことはあまりないですね。


ビッグスパイダー
相手にプレッシャーをかけるカードです。

普通に屋根を守るのに使いますが、
もぐもぐでラインが簡単に跳ね上がるので1/1/7000がものすごい硬さになります。


早出ししたキャラが返されればほぼ負けなので、踏みにいくことができず
1帯から続いて1/1/7000がアドを稼ぎ続けることになるのでこっちはだいぶ楽になりますね。


ただ、こいつは「とあるには必ず入っている」という認識が、キャラに硬さを与えているので、
ABの歌と同じ考えで抜いてしまってもいいかもしれませんね。

初見の相手だったら4000カウンターのラインで計算してくるでしょうし

屋根を出す時は必ず木山と一緒に立てるので3000カウンターでほぼ返せます。

3000カウンターなら簡単に触りに行けるので、見せれば殴って来ないのでさらにハンド1枚プラスになります。

1/0カウンターが強いので普通のカウンターをあまり積みたくはないのですが、ドラが少ないこのデッキでは貴重なドラ乗り要因になり得ますしね

とりあえず今は使いなれたビクスパでいきます

ん?ビグスパが合ってるのか

ビグスパ・・・ビクスパ
ビクスパの方が言いやすいのでビクスパにします。


一つ屋根の下 黒子&美琴

ヴァイスやってるなら知らない人はいないであろうパワーカード。
フル投入以外あり得ません。

このカードのことも今さら書くことじゃありませんね。


気を付けて欲しいのが助太刀で返されることだけは無いようにして欲しいということです。

自分がとあるの最終盤面として必ず意識するのが常に屋根が2面立っているということで、
当然相手ターンは全力で守りますし、やられたら③アンコしてとにかく盤面に残すようにします。

その際、行きの自ターンで控室に送られてしまうと、返しで必ず割られないという確信がないかぎり③アンコはできません。

そうなると控室から拾ってすぐ投げるにはパジャマで拾うしか選択しがなくなるんですよね。

しかし、そんな都合よくパジャマは握ってませんし、コスト的にも③アンコしてパジャマをバーンのコストに使った方が安上がりです

回復1点分の差が結構大きいですが、終盤のとあるは結構ハンドキツキツなのでここは詰め意識で。
そもそもとあるは耐久するデッキではありませんしね。


話がそれましたが、とにかく屋根が残るように行きに気を付けてということです。


水着の初春
CIP回復バニラ四天王

「ククク...ヤツは四天王でも最強...」
あれ、なんかこれ前も書いた気がする。

レベル3の最初のターンは必ず3-0で返しましょう
3-0と3-1では死にやすさが天地の差です。

そのために回復は5枚は入れたい人間です
あれ、これも犬日々のとき書いたな。







というわけでデッキに入っているカード全部の考察でした!


プレイングは...まぁいいかw

とにかく1000/1を貼りまくって下さい!

気が向いたら細かいプレイングの注意とか書くかもです。



それでは( ^ ^ )/
(久々の連続長文更新疲れた...)

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。