スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くむ:デッキレシピ KOF

こんばんわくむですm(_ _)m

今回はリクエストいただいたKOF-THE KING OF FIGHTERS
の今使っているデッキレシピです。

集めるのは死ぬほど疲れます(笑)

特にRRのクリスや今回のレシピには入ってないですが、TD限定の復讐の紫炎 庵の回収難度は相当なものです。

まぁ逆に言えばクリスさえ4枚揃えてしまえば色んなパターンのデッキが組めて楽しめると思います。


それではレシピ


レベル0
クリス×4
如月 影二×4
鎮 元斎×3
ユリ・サカザキ×3
嘲笑う火影 アッシュ×2
エリザベート・ブラントルシュ×1

レベル1
草薙 京×4
挑発するシェルミー×3
タクマ・サカザキ×2
氷の美少女 クーラ×1
日本チーム×3
サイコソルジャーチーム×4
龍虎の拳チーム×2

レベル2
リョウ・サカザキ×2

レベル3
略奪者 アッシュ×4

CX
ジェルミナール×4
裏百八式・大蛇薙×4



KOF内屈指のパワーカードである「如月影二」「リョウ・サカザキ」「略奪者アッシュ」を最大限活かそうとしたらこうなりました。

詳しい解説を


如月 影二
もはや言わずもがな。
個人的に最強の集中だと思っています。

このタイトルを使う利点でもあるので基本的に毎ターン寝かせます。
ネオスタンで唯一回収集中と擬似リフを所持しているのですが正直噛み合わせがハンパないです。
引かないとさすがに負けまで一直線なので4投

クリス
相打ち+チェンジ
チェンジ先は1/0バニラです。

マリガンでチェンジ先を落としてこのカードを引き込むだけでほぼ1アド確定なのでレベル0だけは案外強くなっています。

チェンジできなくても相打ちという最低限以上の活躍ができ一切腐らないのでレベル0の要となっています。

基本的に忍者を2ターン目から打つために初ターンから殴っていくのですがチェンジが狙える場合だけは後列に立たせてエンドです。
忍者で1ターン得るアドよりもレベル0で制圧できるアドの方が大きいので

ユリ・サカザキ
かなり条件のかるいアタッカー。
初パン要員としての需要は非常に高いです。
クリスを単体で殴ると相打ち無効で打ち取られる可能性が高いですが行き帰り3500ならまだましです。

嘲笑う火影アッシュ
エリザベート・ブラントルシュ

レベル0の緑の枠が3枠しか取れませんでした。
緑にまともなキャラがいないのにレベル3の要は緑なので他のアタッカーを削って色発生のために一番マシなバニラの採用となっています。
正直ここは緑ならなんでもいいです。



草薙 京
日本チーム

レベル1のメインアタッカー
条件を満たすと5500になりシナジーで7500までとデッキトップ送り付与

行きでCXはって返しに忍者で拾ってまた投げるというコンセプトなので
行きが強くてしかもデッキトップ送りで打点通して1リフ阻止、さらには対応が扉とまさにマッチングしたカードといえるでしょう。

しかしその条件のために積まなければならないカードが貧弱で、
ネーム指定のキャラがいるなら2コストで控え室からの2枚回収となっています。

書いてあること自体は悪くないのですが忍者が1コストで手札を増やせるので正直打つタイミングはほとんどありません。

今まで打った場面は
・忍者がまだ握れていないとき
・忍者の集中が外れると3パンできない可能性があるとき
・山が5枚以下で擬似リフを握れていないとき
・控え室に日本チームが落ちていないとき
くらいでいずれもかなり限定てきなので極力手札にはきて欲しくありません。
引いたらクロックに置き、早いうちから鎮元斎で処理して置く必要があります。


タクマ・サカザキ
龍虎の拳チーム

同じく条件付きで1/1/2500助太刀となってくれます。
2/1助太刀が存在しない以上最高位の助太刀なので採用しました。
条件は鎮元斎で早いうちから満たせるのでそれほど気になりません。

日本チームと違ってこちらのイベントは終盤引いて嬉しいカードとなっています。
CX貼れないと打点で勝てずすぐ不利になってしまうこのデッキでCXを引き込める可能性があるこのカードは非常にありがたいです
同じく忍者では触れないサイコソルジャーチームにも不確定とはいえアクセスでき、さらに唯一の手札を切る手段でもあるので単純なテキストの割には痒いところに手が届くカードですね。


鎮元斎
サイコソルジャーチーム

このデッキの最重要カード
鎮元斎によって使用制限のあるイベント9枚という暴挙にも近いこの構築をスムーズに回すことができます。

忍者と合わせて凄まじいスピードでデッキに圧縮をかけ2週目の山に移行することができ、さらにその際引きたいイベントをかなりの高確率で4枚フルに控え室に置いたままリフを迎えることも可能です。

擬似リフの際の微妙な山の枚数調整や、終盤に自身を落としてサイコソルジャーチームの発動条件を満たしたりと常に仕事があります。



そして相方サイコソルジャーチーム
レベル1から打てる代わりに条件がキツくかなり燃費の悪いカードとなってしまいました。現状レベル1で打つ必要が全く無いため木琴の完全下位交換としか見ておりません。

ですが単純に2枚回復イベントの部分だけみれば他タイトルとの十分差別化になるので採用しました。
幸い相方の鎮元斎がかなり優秀な事故回避能力を持っており、枚数を積んでも回る上にリフ時に最大枚数戻せるので2週目の山で引く確率をかなりあげれます


注意点なのですが握るタイミングはほとんどレベル2にしかありません。
1週目は不純物が多く手札に舞い込んで来にくく、3週目はさすがにレベル3まで入っていると思われるのでクロックドローで引きにいくことができません。


つまり4枚フルにもどり一番山が薄くてクロック2ドローもできる2週目の山の時点で何枚引き込めているかでかなり変わってきます。
まぁこの辺は運も絡むので何とも言えませんが。


リョウ・サカザキ
スタンレベルの驚愕カード。
脅威的スピードで山を削るこのデッキと擬似リフの相性は最高です。

肝心の効果もキャラ入れ替えと、ラインが低いこのデッキにはかなりありがたい効果となっています。
終盤にもし後列が空いていれば前列のキャラを下げてこちらの打点をあげたり、レベル応援等を引き出してサイドの打点調整に使ったりとかなり汎用性の高い効果となっています。
というよりもこのカードがあるがためにある程度相手が出してくる後列制限することもできそれほど影響力の強いカードとなっています。

残念な点を一つあげるとしたら特徴が<竜>一個だけなところでしょうか。
アッシュのパワーに貢献するのは難しそうですね...


略奪者 アッシュ
パワーカード3
こちらも有名ですね
クロック→ストックとイベント、カウンター封じという極悪なシナジー

このカードでストックを貯めつつサイコソルジャーチームで耐久もどきをして行くという方向性になっています。

パワー自体も結構マイナーな特徴を多くしてあるので割と引き出しやすいです(「神器」「日輪」「酒」「人形」「忍者」「オロチ」等はほぼ被らない)

またレベル応援的な意味合いで1枚だけ氷の美少女クーラを採用しています。
クーラの持ってる特徴とパンプ先が一緒なので1枚で合計3000パンプになるので相手から4つでももらえれば10000スタートも余裕です。

パワーが出しきれないと感じたときは2面並べてシナジーを打った方が強い場合も多いです。
まぁその辺は臨機応変に



もしカムバックがKOFにきてて、宝でジェルミナールが出てたら一生武士について行ったのになぁ...
僕についてきて欲しくなかったんでしょうねぇ(´・ω・`)




最後に軽く回し方でも


レベル0
初ターンから多めのパンチで忍者も打ちつつ進めていきます。
チェンジ成功した場合は他のキャラを出しても割られるだけなのでゆっくり2パン以下で進めてストック貯めつつレベル1にあがります。
CXはレベル0のスピードに合わせて握る枚数を考えます。
早そうならレベル1が2ターンある可能性高いので2枚握りますし、ゆっくりいけてるなら1枚で大丈夫でしょう。


レベル1
日本チームをちゃんと落としたらサイコソルジャーチーム、龍虎の拳チームを落としつつ京のシナジーぶっぱです。
だいたい、というかほとんどこの辺りリフはできるはずです。
2週目以降は圧縮が勝負なのでここでいい山を作れていればある程度盤面とれてなくてもなんとかなります。

レベル2
サイコソルジャーチーム、ジェルミナール、略奪者アッシュをかき集めつつCX貼って打点を通しにいきます。

クロックドローと集中、3パンとダメージで往復で十数枚ずつ山が削れていくので下手したらもう次のターンに擬似リフのチャンスがくるかもしれません。
リョウ・サカザキは必ず早いうちから握って置いて絶対擬似リフ失敗しないようにしましょう。
擬似リフを一回ミスるだけで勝率は大幅に下がります。

ちゃんと集中打って擬似リフできていれば圧縮率はほとんど下がらないので打点ゲーに持ち込んだとき有利になります。


レベル3
アッシュのシナジーとサイコソルジャーチームで耐久もどきです。
詰め要素などないのでCX貼ってアタックのみですね。

ちゃんと山が作れていればそれなりの勝負してくれるはずです。
1回目のリフ以外はリフダメは必ず回避しましょう。






まぁ長くなりましたがこのくらいです。
いくらEランクとは言われていてもパーツ自体はまともなのがあるので戦えないことはないですね。

割と愛着があるタイトルなのでいつも考えていることが多かったのでここでまとめられてよかったです。^_^

スポンサーサイト

コメント

Secret

KOFをリクエストさせて頂いた者です。
KOFについて細かい解説をされてる方があまりいない(笑)ので、いろいろと気づかされるところが有りました。
やっぱり忍者は強いですね(笑)
自分はKOFは最初に組んだ思い入れの有るタイトルなので、プレイングを磨いてこれからも使い続けていきたいです!
リクエストに応えて頂き本当にありがとうございました!とても参考になりました!

≫イノウェイさん
いえいえこちらこそm(_ _)m
黄色が軸になるオロチ型とはかなり構築もプレイングも異なるので参考になるか心配だったのですが、
少しでも自分の型のから伝わることがあれば書いた意味もあるというものです^ ^

思い入れがあるタイトルと言うものは気付いたら自分のデッキのなかで一番力を入れて、一番考えて作るデッキになっていると思うのでぜひ自分の型にも自身を持って使っていただきたいです。

クリスを光らせようと思ったらまさに修羅の道ですがw
プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。