トゥーンだから効きまセーン

前記事で書いたナーフが実装される前に環境の大きな塗り代わりが起こり、これでナーフが起こり他デッキが駆逐されたらどうなるんだろうと少し不安になりました











台頭してきたのはまさかのトゥーン。他の追随を寄せ付けない圧倒的なデッキパワーで瞬く間に環境はトゥーン一色です

ランクマやってると途中からトゥーンしか踏まなくなりました







ではなぜそんなことが起こってしまったのでしょうか
事の発端はというと少し前にアップデートされた、キャラのレベルアップ報酬の追加イベント
そこのペガサスの最大ランクのところに追加されてはいけないカードが追加されたのが始まりです
ご確認ください































そう。みなさんお分かりの通り
「トゥーン・キングダム」です。デュエルリンクスで出してはいけないとあれだけ言われていたこのカードがさらっと実装されました。





効果を知らない方に簡単に効果の解説を

①発動時山上3枚を裏向きで除外
②もちろんネームはトゥーンワールドとして扱う
③トゥーンモンスターはあらゆる効果の対象にならない
④トゥーンモンスターが破壊される場合代わりに山上1枚を裏向きで除外





とまぁトゥーンに完全耐性を与えるカードなのですが、
なんと現状のデュエルリンクスでは彼らを突破できるカードはありません


一応まずいとおもったのか対象を取らない除去が刷られ始めてはいるのですが、なんせ効果破壊にも耐性を持っているもので山上1枚で回避できるのでその場しのぎにもなりません






となると当然狙うのはキングダム本体になるのですが3枚投入されたマジック・ガードナーがそれを許しません

なので対抗できるのはマジック・ガードナーを上回る速度で除去を打ち出すことができる狩場ハーピィくらいしかない
という状況に陥ってしまっているわけですね






それではデッキレシピとともに強力な点を解説していきましょう














ちなみにテンプレだとコピーキャットがトゥーンブラックマジシャンガールになってます。
僕このときリンクスモチベ最低だったのでペガサスイベント一切回ってないので持ってません

それでもバカみたいな勝率ですけど







スキル
「リスタート」
マリガンができます
正直スキルはなんでも良いので一番キングダムを引き込みやすいスキルにしています
デュエルスタンバイでもよいでしょう







トゥーン・デーモン
メインアタッカー
キングダムの全耐性を盾に2パンで沈めてくる悪魔
定番防御札であるエネコンは一切受け付けず、もう一つの定番防御札である銀幕も基本直接攻撃なので一時しのぎにしかなりません


特殊召喚モンスターである点も大きく出てくるスピードが非常に早く準備をさせる時間も与えず速攻で殺しにきます


現状のカードプールでこいつに対応できるカードは1枚しかありません
詳しくは後述


入手もトレーダーですので簡単にできます



最強。









トゥーン・マーメイド
キングダムで完全耐性を付与すればこいつですら強力無比なフィニッシャーと化します。
打点が出ないデッキではトゥーン側のライフを削りきる事が出来ずに3パンされて沈んでしまうので、マーメイドしか引けないという事故展開ですら生半可なデッキからしたら脅威でしかありません



更に手札から自由自在に出てくる軽さも魅力であり、火星探査車に召喚権を使った後でもデーモンブラマジのリリース要員として働き、複数枚引いている場合は守備で一気に並べた後に返しの総攻撃でワンキルというムーブを取ることもできます。

破壊耐性がつくだけでここまで化けるとは思いませんでした
現環境で間違いなく最強のレベル4モンスターです


ペガサスイベントのレアドロップカードですが確定で貰えたり、そもそもペガサスイベントはガバガバなので持っている方も多いでしょう

僕は12枚ありました









火星探査車



惑星探査車

キングダムを引けないとそもそもお話にならないので召喚権を放置してでもフィールド魔法を確定サーチできるこのカードは強力です
3枚安定


初手でキングダムを引けている場合はそのままリリース要員として使えますし、もしこいつに召喚権を使っても他のモンスターは全て召喚権を使用しないので展開に全く問題はありません

全てがシナジーした完璧なサポートカードです


100点!



トゥーン・火星探査車だったらなぁ....

120点!






ブルーアイズ.・トゥーン・ドラゴン


こんなん入れてるとかw
バカじゃんw
トレード・インにしか使えねぇよ

と思ったそこのあなた
今このカード持ってないと人権ないですよ



注目すべきはトゥーンのテキストに記されているこの文章




「自分の場に『トゥーン・ワールド』が存在し、相手がトゥーンをコントロールしていない場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる」




そう



このカードが本領を発揮するのは


ミラーマッチです



トゥーンデーモンの唯一の弱点が「自分より攻撃力の高いトゥーンモンスター」です
相手に直接攻撃をすることができずに一方的に上を取られ続けるのでキングダムの身がわり効果で山切れを起こし負けます。




これはお互いのばにデーモンがいる場合とは雲泥の差で、デーモンミラーの場合お互いに退場判定が行われるので同じスピードで山が削られていくのですが、
ブルーアイズの場合は一方が取れるのでライフにさえ気を付けていればミラーマッチで出した瞬間に勝利が決定します




しかもお互いに完全耐性なので場が動くこともなくロックが崩されることはないので出された側からすると本当にどうしようもないですね
デーモンを捨てようものならダイレクト3000が飛んできて即敗北します。
トゥーンを対策するよりトゥーンで対策する方が早いという名言を生み出した張本人ですね



更にメタを読むのであれば今ホットなのはトゥーン・バスター・ブレイダーです


デーモンとブルーアイズどちらにも上が取れるのでミラーマッチの最適解と言われています
アタックにライフコストも必要ないので気にせず山を削りにいけますし

ただ特殊召喚モンスターでないので早さが気になるのと汎用性の面で一度ブルーアイズでやってます
多分そのうちバスターブレイダーになると思います







トゥーン・キングダム
引ければ勝ち。引けなければ負け
です

実質5枚入っていてリスタートもできるので引けないといったことはほとんどありません

こいつでトゥーンを盾に殴っているときは本当に何か出ちゃいそうな気分になります






トゥーンのもくじ
確定サーチがあるのはやはりでかいですね。
キングダムとパンチャーどちらにもアクセスできるので初手の展開は約束されます
メタカードのブルーアイズにもアクセスでき可能であれば1万枚くらい入れたいカードです



ペガサスのレベルアップ報酬なので1枚しか入手できないので我慢します

割ったやつはもう死ぬしかないです





クロス・ソウル


デーモンとの相性が抜群です
火星探査車を使った後でも召喚権を必要としないのでそのまま相手モンスターを除去しつつ展開し
しかも攻撃不可のデメリットがデーモンと噛み合っておりこのデッキのために生まれたようなカード?




というか普通にパワカです。入れない選択肢は10000000%あり得ません。これはメインデッキにルイーズが入らないことを示す確率と同じくらいの高さです




唯一の弱点は相手のトゥーンを対象に取れないってことですね



トゥーンは本当に




マジック・ガードナー


なぜかここで一気に脚光を浴びることとなったニューカマー

キングダムが割られない限りは負けないのでこのカードでキングダムにも耐性をつけて相手に「では死んでもらいます」(せいしろう選抜)





初心者のムトウ遊戯君なんかは初期デッキのままなので魔法除去が入っていることが多いのでやはりこの辺りの対策は必須ですね



強いて言うのであればトゥーン・マジック.・ガードn








エネコン

他に入れるカードがありません

このデッキで40番目に強い強力カードです







というわけで現環境でトゥーンを使わない理由はありません。


竜崎や梶木、羽蛾なんかには万に一つも負ける可能性はありませんし、ナーフ前の迷宮兄弟ですらトゥーンモンスターの突破方法がないので絶対負けません




懸念すべき点はキングダムをしつこく狙ってくる狩場ハーピィと、スタンピング・クラッシュが3枚入っている完全環境をメタりにきたドラゴンが流行り始めているという点ですかね



特に城之内のラストギャンブル型は引き込める枚数も多く嫌な相手です




それでも今までのデッキとは段違いの勝率を誇るのでペガサスイベントをきちんと回っていた方は組んでみてはいかがでしょうか








スポンサーサイト

デュエルリンクス 制限改訂まとめ

リミットレギュレーション


革命
ここに関しては万人の意見が一致するでしょう
「だよな」


そもそも初期ライフ4000で連打が許されるようなカードではなかったですよね。
杏子のスキル「デュエルスタンバイ」とのシナジーは最初期から注目されており、カードプールの増加で優秀なバーンカードが数多く登場した結果最悪のキルカードとして機能するようになってしまいました。

性質上先攻で連打することが望ましく、スタンバイバーンのジャンケンゲーを加速させてしまった張本人であります


さすがに最初のリミットレギュレーションで禁止カードを出すのはまずいと思ったのか制限カードということで落ち着いてますが、さすがに革命1枚で初期ライフを削りきれるほど甘くはないのでスタンバイバーンは使われなくなるでしょうね。

猛威を振るったスタンバイバーンもここで消滅です
あれめちゃくちょ嫌いだったのでこれでランク戦も少しは頑張れそうです。



周回への影響としては、lv30で止めている身としてはマジカルシルクハット相手にフルバーンで周回してるので革命が1枚になったのは結構痛いですが、
まぁリペア組んで立て直せるレベルネオだと思ってます





スキル修正







狩場
初期フィールドが狩場

デッキトップが狩場でスタート


フライング寄生
1~3枚のパラサイトが相手のデッキに寄生

1or2枚のパラサイトが相手のデッキに寄生


天使の微笑み
ライフゲイン値500

ライフゲイン値1000


三星降格
ライフコスト2000

ライフコスト3000







ハーピィの狩場

実質初期手札+1枚。さらにハーピィを召喚することで+1枚のアドバンテージが確約される破格とも言えるスキルでしたがついに調整が入りました。
得たアドバンテージを突撃司令やサクリファイスで消費しテンポを握っていくデッキでしたので-1枚のアドバンテージがどれだけ響くかですね。


総合打点が低く1枚に対して2枚で戦っていくデッキでしたのでサイズが大きく伏せに依存しない迷宮兄弟に対して非常に相性が悪く元々数が減り気味だった現状に対しては大きな追い打ちとなるでしょう。



しかしながら狩場自体は優秀なサポートカードであることに変わりはなく、ナーフがかかったデッキの中でも被害は小さい方ではあるのでリペアでもやれないことはないと思われますね


伏せに依存するデッキは狩場が環境にいるせいで全く息をしていなかったのでこれで少しは様々なデッキタイプが台頭してくることを願います






フライング寄生


ただでさえ死に掛けだったのにワンチャンが作れる可能性があった3枚寄生がお亡くなりになったせいでワンチャンもなくなった気がします。


どうせするなら2枚寄生確定にでもしないとバランス調整になってないと思うんですがね。


最低値の1枚寄生の確率が50%とか僕はもう怖くて使えません。
まぁ高ランク帯ではほとんど見ないデッキですのでランカーにとってはそれほど大きな影響もないでしょう。



天使の微笑み

ランク戦でのイシズの使用率は誇張無しで0.001%だと思っています。

前回の上方修正でも全くと言って良いほど強くならず、さて今回はというと「うんこ」が「うんち」になったレベルの変化だと言っても過言ではないでしょう。



ライフゲインの値こそ上がったもののデッキを天使で縛らなければならないという制約には全く見合っておりませんし、
肝心のライフコストを払って発動するカードにまともなものがありません
強いて言えば銀幕くらいですがあれは維持コストを払わずに使い切りで打つものなのでまたちがいますよね。


いっそ相手が回復する効果にでもした方がシモッチと組み合わせることができたからよかったのになってレベルです



次回はどんな死体蹴りをしてくるのか楽しみに待っています




三星降格

今回のメインナーフ

登場するや否や環境を席巻しレベル7ブームを引き起こした迷宮兄弟



さすがにやり過ぎたのか一ヶ月でナーフが入ることになりました



環境における問題点
①デュエルスピードの高速化
先攻リボルバードラゴン召喚からの返しで回復カードを使いもう一体レベル7を展開しライフを奪い取る動きが強力すぎました。
先攻リボルバーに対して回答がないデッキではこのムーブをされるだけで2ターンで決着が着いてしまうというまさにスピードデュエルな環境が繰り広げられていたのです。


②先攻ゲーの加速
迷宮兄弟のもう一つの強力なデッキタイプとして「ブラマジパーミッション」というものがありました。
これはレベル7で唯一の通常モンスターであるブラック・マジシャンを速攻で呼び出すことで王者の看破の発動条件を満たし


その他の黒☆魔☆道などの強力なサポートカードで制圧していくデッキなのですが、このデッキがミラーマッチで対面した時のことを考えてみてください



先攻は普通にブラマジを召喚し看破を伏せるだけで良いのですが、後攻側はなんということでしょう2000ライフを払ってまで召喚したブラックマジシャンは看破ではじかれ、手札にある看破、黒魔道などのサポートカードは全て紙屑と化し、


起死回生の至高の木の実

もなんと相手も2000ライフを払っているのでライフが一緒で使えません。











本当に後攻側に勝てる可能性が残されていないのでジャンケンにがんばって勝ってねというゲームになってしまいます。

この点に関しては本当にどうにかして欲しかったのでナーフは当然かもしれませんね。




さてナーフ後ですが、元から2枚目を使うためには回復札が必要でしたので至高の木の実の代わりに女神の加護を使うことになるでしょう


しかし場を圧迫するというデメリットを孕み、ナーフ前は1度の使用で2回目、3回目のスキル使用が確約されていたにも関わらずナーフ後は1体につき1枚を使用していくこととなり非常に燃費が悪くなりました。

それでもブラマジパーミッションの制圧力は頭一つ抜けていますし守護天使ジャンヌをメインで使っていくことで動くことはできるレベルに落ち着いたと思います









というわけでナーフまとめでした

うまく環境頭三つが凹まされたわけですが、僕が使っているデッキが上記3つに非常に相性が悪かったので環境的には追い風であることに間違いはありません

トップメタに何がくるかは中々読めませんが、ミンゲイタイラント、クロスソウル墓守、あとはレッドアイズあたりが怪しいですね



レッドアイズのサポートカードですけどオーバースペックな札多過ぎません?
紅玉の方札だとか

レッドアイズスピリッツだとか真紅眼の飛竜だとかカードパワーアバれてるやつらばかりなんですよね
入手が難しいですけど


次の時代はドラゴンが席巻するかもしれません。
ラストギャンブルドラゴンとかいうインスピレーション溢れるデッキも流行ってるみたいですし色々楽しみですね


ラストギャンブル欲しいんで城之内周回がんばります

プロフィール

くむ&たく

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク