今日やる環境リンクス(後編)

後編




プラチナランクまでくるとさすがによくわからんデッキは淘汰されて、
エネコンガン積みのデッキなんかもよく見ます





この辺から多種多様なデッキとマッチングすることになりますが、意外と海は減ってきますね
海より構築難易度が高く安定したデッキを使う方が多いからでしょうか











マインド軍曹


構築難易度【B】


ペガサスのスキル
マインドスキャン

により相手の伏せがわかるようになるのでそれを利用しマストカウンターをエレクトロ軍曹で封じてゆくデッキです



特に大流行の銀幕に対して強く出れるのが他デッキにない持ち味で
指定された銀幕はそのまま死に札になるか2000の維持コストを払って棒立ちするかの2択を迫られます
銀幕の強みであるカウンターを封じれるのは今の環境で大きすぎる利点であるといえます



マインドスキャンが開幕からスタートなのでライフ調整をする必要がありません
なので終始相手を制圧しつつ速攻が理想





なのですが、
ステアップのスキルではないので恐竜に力押しされたり墓守の物量に押し潰されたりしてしまうのが難点


1000以上ダメを食らってしまうと立て直しが効かずただ攻撃力の低いビートになるのでそこもキツいところ






しかしながらエレクトロ軍曹は本当にパワーカードです


いい環境抑止力になっております

ターン終わりまで発動できないのかと思ったら、永続なんですね
アバレ


構築難易度が低いのも良いですね
豆とエレクトロを頑張って掘るだけで組めます










キース機械

構築難易度【A】


最近にわかに流行ってきており、話題のデッキ


実は隠れた優秀スキル
キースの「シークレット・ドロー」





を利用した機械族によるビートダウンです




主なアタッカーはアックスレイダーを完全に亡き者にしたハイスペック4つ星アタッカーのツインバレルドラゴン


そして今大流行のエレクトロ軍曹です


フィニッシャーには現在6つ星最高攻撃力の機械王

を据えたオバスペデッキ


機械族のサポートカードは優秀なものが多く

複数枚ロックしたエレクトロを多重にガードするヘビーウェポンや




エネコンフォースに対してノーコスマジックジャマー、更に驚愕の上昇値500を誇るチートカード
レアメタル化



など他種族にない強力なサポートカードに7カードによる700が上乗せされて手がつけられなくなります




実はこのキースのスキル、ドローセンス系と異なりリストバンドからのサーチになるのでハンドが増えてます
リソースが減ることもないのでかなり優秀なスキルであると言えるでしょう。




実際、一回対戦してみるとわかると思うのですが
装備カードで強化されたエレクトロ軍曹が本当にバケモノで手がつけられません
特にレアメタル化との相性がエグいです




実はニガテなのであまり増えて欲しくないデッキです




しかしながらレジェンド最難関と言われるキースのSRドロップが複数枚必要になるので構築難易度は高めです
幸いスキルがレベルアップで拾えるのでまぁ
と言ったところですが
特にレアメタル化はあるのと無いのでは完成度が段違いなので妥協できませんね











狩場サクリ



構築難易度【A+】


OCGプレイヤーからしたら完全に意味不明でしょうね




舞のスキルで開幕フィールドがハーピィの狩場になります



サクリファイスの降臨前は場の掃除に使い、
サクリファイス降臨後はサクリファイスに装備されたモンスターを破壊することで再び吸収効果を使えるようにするシナジーに注目したデッキです




結論から言わせてもらうとサクリファイスが異次元級に強いです



面がこじ開けられるのでライフを削られるスピードが尋常ではないのと
汎用除去カードがないため戦闘破壊が主になるリンクスで破壊耐性はあまりに強力すぎます


仕留め損ねると再び吸収されるだけですのでクリボール抱えられてるだけで詰みます



更にクリボールの隠された儀式素材に出来るテキストともシナジーを誇り完成度は非常に高いデッキであると言えます




恐竜で力押ししようにも開幕狩場でこちらのワールドが割られるので打点が伸び悩み辛いですね



弱点はといえば狩場側打点が低いので壁を立てられるとなかなか突破ができません
特にミラーだとお互いうごけなくなるのでサーチを多く使った方がデッキ切れで負けという展開をよく見ます





メインデッキ自体はパック産ばかりとはいえ必須カードはほとんどUR

挙句スキルはドロップスキルなので構築難易度はかなり高め


今から舞で周回する気にはなれません










デュエルキング







キング帯の価値が上がったので本当に強い人ばかりになりました


強くて人外の構築力を持ったバケモノ人間がいっぱいいます










墓守


構築難易度【SSS】

ネクロバレーが実装されていないので、遊戯くんで闇を貼ることになるのですが
キング帯の遊戯くんはシルバーとは完全に別物です






ビート環境で圧倒的な制圧力を誇る
墓守の審神者


を手に入れてから墓守は本当に強くなりました



召喚師でいつでも持ってこれるのでライフが2200を切った時点で防御札が無いとほぼ敗北

がんばってラインを作ろうと審神者の召喚を許すだけで全てが崩壊するのでどうしようもありません


伏せで逃げようにも伏せ破壊効果もなぜかついてますヽ(;▽;)ノ


余談ですがOCGで僕はあるパックを向いているとバカみたいにこいつが出てきたので嫌いなカードNo.1です。





また、とにかくリソースを無限に産み出すこのハゲが強い!



エネコンムーブも強力で


①エネコンで召喚師リリースでコントロール奪取効果

②召喚師で長サーチ。そのまま奪ったモンスターリリースして長召喚

③召喚師蘇生。2体でダイレクト


このムーブで2ターン目にライフを3500奪ってきます

許して




更に現在の下級モンスターでは突破できず、面が硬くなる墓守の巫女



圧倒的な展開力の長

デフレした環境では彼らはかなりのパワーカードになってしまいました


更に課題であった更地からの展開という点も新パックで魔道化リジョン

を手に入れたことで改善され猛威を振るっています


恐ろしいデッキです






問題なのはケタ外れの構築難易度

墓守の召喚師はリシドのドロップSR
墓守の審神者はなぜかURと同じ額まで引き上げられた超高額トレーダーカード

更に長と巫女はレジェンド最難関のイシズからのドロップSR

と今までのデッキは比にならない構築難易度です


ドロップスキルではないだけ救われてますが...










では最後のデッキ紹介になります



キング帯であらゆるデッキより嫌われている究極の地雷デッキですが

実は地雷どころか凄まじい安定性を誇るんじゃないかと話題のこのデッキ












城之内くん ギャンブルデッキ


構築難易度【SSS+】





ギャンブルデッキといいつつギャンブル要素がないのが特徴で(?)



ガン積みされた
クリボール
銀幕の鏡壁
エネミーコントローラー

を駆使しライフを1000以下まで削ります



ここからが真骨頂



城之内くんのスキル

「運を味方に!」
が発動します










コイントスが表しか出なくなるのであとはやりたい放題





強欲な壺と化したカップオブエースを連打しガン積みされた防御札を掻き集めここからは全くダメージが入らなくなります




あとは毎ターンサンダーボルトを打ったり






伏せも召喚するだけで割ったり





するだけで勝手に相手が死ぬというもう意味不明なデッキです







しかしながら構築難易度はもう異次元まできてまして


パック産UR
トレーダー産UR
ドロップ産SR(難関城之内&海馬)
モブドロップ(ある意味一番難しい)

のみで構成された超ブルジョワデッキに


城之内くんのドロップスキルまで必要になるというあらゆる廃人要素が詰め込まれたデュエルリンクスの完成系のようなデッキになってます


特に城之内くんは周回系のスキル持ってないのが辛いですよねー



唯一使える「ラスト・ギャンブル」
(ライフを100まで削ることでサイコロ振って出た目の数だけドロー)
もドロップスキルなので本末転倒



一回組んでみたいなぁ.....
















というわけで今流行のデッキ紹介になりました





初心者は海作るのがいいよ!
海!

安いし強い!



もうすぐ作れなくなるけど!



スポンサーサイト

今日やる環境考察リンクス(前編)

そういえばヴァイスしゅばるつの制限発表があったみたいです





デレのあかつきと化のなんかとドジっこに選抜がかかったのを覚えています




今何が強いのか教えてくれると助かります









というわけで今日はリンクスのランクマの環境考察でもしようかなと





シルバー

ゴールド

プラチナ

デュエルキング


の順にランクが上がっていき、ランクが上昇する毎に魔法石がもらえます




とりあえず今回はシルバーからゴールドまでくらいのよくいるデッキについて調べていこうかなと









シルバー帯






武藤遊戯くん

構築難易度【F】

シルバー帯はランクマを始めたばかりの人も多く、まだゲーム性をあまり知らないと思える方とのマッチングが多いですね



特に初期キャラの遊戯くんや海馬くんはたっくさん踏みます



スキルは初期フィールドが闇になる[闇の力]が多いですが、スキルが発動してすらない遊戯くんもいっぱいいます



デッキ枚数は当然当たったカードを全てぶち込んだ30枚です
デッキ破壊に圧倒的有利が取れます
デッキ破壊は環境にいません



最近増えてきた外国人の方もここの辺りに属することが多いですね

強欲なカケラが3枚入っているので注意が必要です




当たったカードをどんどん入れてるだけなので構築難易度は【F】で。












構築難易度【C】





梶木のスキル[海の力]

を利用したデッキで、シルバー帯に限らず初心者から上級者まで全レベル帯に圧倒的な数で存在します


現在のトップメタとして対策必須なデッキですね。






1850まで攻撃力が上がる満潮のマーマンを主軸にフィニッシャーであるダイダロスによる制圧を狙います


下級モンスターに優秀なモノが多く盤面突破能力が秀でているので半端なデッキでは歯が立たない程強いです




構築難易度が非常に低いのも特徴で、海パックのエイジオブディスカバリーを一周するだけでそこそこのデッキを作ることができます
その為初心者が現在最初に作るべきデッキとして広く普及しております

ここまでいいパックのエイジオブディスカバリーを廃番にしたら新規始める人いなくなっちゃうよ.....




難点としては同じくトップメタである恐竜の1900ラインに50届かず、力負けしやすいという点ですね
ハリマンボウでうまくコントロールしながらといっても限界があります



特に消耗戦になった時に恐竜への勝ち筋が非常に細いので僕はあまり好きではありません








ゴールドランク








恐竜



構築難易度【C】



こちらも圧倒的多数を誇るトップメタ





竜崎のスキルを利用した高打点下級ビートです







下級のラインが環境で一番高く、ビート戦を進めているだけでアド差がつくのでライン勝ちできる海などには有利に動くことができます


切り返し手段である大波小波からのダイダロスにも突撃指令で簡単に対策できるのでランク戦に非常に向いたデッキであると言えます




メインギミックが屍を貪る竜とキングレックスのみなのでデッキにスペースが用意しやすいのも利点で

サンダードラゴンの融合ギミックや、
重力の斧グラールとジュラシックワールドの対応したガーディアングラールを混合させたデッキなど派生系も多数あり型が読まれにくいという特徴もあります





海と同じく構築難易度が非常に低く、ある程度までシナリオを進める必要はあるのですが、レジェンドの40が回れるようになればRドロップのカードを集めるのみなので一瞬で揃います。


竜崎はケルベロスが非常に決まりやすい相手ですので周回難易度も低いですからね




ただしあまりに数が増えすぎたせいでメタが貼られることが多くなってしまい、
恐竜を潰す為だけのデッキも生まれるほどです


ジュラシックワールドが割られた後の戦線維持も難しくある程度動きにくいことを念頭に置きつつランクマに持っていかないといけません













シルバー~ゴールド間はこの3デッキが非常に多く他のデッキを踏むことは稀ですね




プラチナ以上になるとランカーが増えるので多種多様なデッキが増えてきます














フライング寄生




構築難易度【B】


前々回辺りから増え始めた恐竜メタデッキです




インセクター羽蛾のスキルフライング寄生


を利用したデッキで、
翡翠の虫笛が実装されているのでそのまま打つことで1000ダメ+ドローロックというかなり強力なカードになります


パラサイトが場に出ることで場のモンスターは昆虫族になるのでトップメタデッキのスキルで利用されるフィールド魔法の恩恵を消し実質スキル無効と化します



更に相手の打点数が減るのでこちらの壁モンスターが突破されにくくなり呪禁の仮面によるロックが簡単に決まり、そのままライフを削り切るまでが主な動きです





逆ギレパンダも非常に強力なカードで、パラサイトで面がすぐ埋まるのでMAXの2300打点にすぐ届く上に貫通持ちなのでライフを恐ろしいスピードで削ることができます



2000を切った瞬間にパラサイトを殴ればライフを削りきれますしかなり優秀なフィニッシャーであると言えます

フィールド魔法の恩恵を消せば1800ラインが割られることは実はかなり少なく終始活躍するエースカード





壁モンスターには癖の無い
進化の繭



爆発力のある
ビックシールドガードナー


の2種類が存在しますが、自分はビックシールドを推します(3枚目はトレーダー待ち)



パラサイト1000+フィールド効果が消えて1600で殴ってきた恐竜へのカウンターダメ1000+パンダの貫通2000

でピッタリライフを削り切れる絶妙なラインを誇る上に

呪禁の仮面でパンチ数を操作しやすいので、「起きたビックシールドガードナーをパラサイトで殴る」という構図に誘導しやすく

パラサイトが殴ってきた時に迎撃準備をカウンターで使用することで


パラサイト1000+カウンター1000+カウンター2100

でワンキルを狙うこともできます



恐竜には圧倒的な勝率を誇るので注目されたのですが、




いかんせん海に相性が悪く
ダイダロス1枚で戦線が崩壊してしまう上、コンボデッキなので1枚での切り返しが行えずどうしても勝率が低くなってしまいます


パラサイトもダイダロスのリリース要員になってしまうだけなのでとにかく辛いです()

虫笛連打によるドローロックとパンダによる速攻を決めないとどうしようもないかもしれないですね




また、実は武藤遊戯くんデッキも辛く
デッキが30枚あるのでパラサイトを潜り込ませても引かれる可能性が低い
更にもう誰も入れてない「死の四つ星てんとう虫」が入ってることが多く
翡翠の虫笛に引っかかるのでパラサイトによるロックが実に困難です。


ようやくパラサイトが爆発してもリリースされてブラックマジシャンなんか出された日にはどうしようかと思います

武藤遊戯くんはとても強いです



海が割と少なくなってくる高ランクでは中々の勝率を叩き出すこともできるのでオススメだと思います







入手が難しいカードも
羽蛾のSRドロップの進化の繭か他に使い所がない上に絶版になるビックシールドガードナーくらいなので割と楽な方だと思います
















前編はここで終わり

今日やるスピリット・ドラゴン

史上最高のクソイベントと称される武藤遊戯くんイベの大炎上





鯖落ちを繰り返しまともに開催されるか怪しかったペガサスイベント







無事この2つを乗り越えようやくリンクスも安定してきましたね






さて今回の話題はもちろん新パック


ふれいむおぶたいらんと(適当)

って名前だったかな
たしかそんなパックの発売でユーザーが湧いております









話題の中心にいるのはもちろん今回実装された





オシリスの天空竜です!!!!!!






































そう






オシリスの天空竜です!!!!!!














僕にはスピリットドラゴンにしか見えないのですが
実はこのカードCPUにはオシリスの天空竜に見えるようで















手札にドラゴン族が1枚もなく敗北以外ありえないこのような状況でも



AIには手札のカードが全てドラゴン族で想定するようにプログラムされているそうで









僕からは









こう見えるのですが






AIからは









こう見えるらしく
















AI「神を....倒す手段は....ない....」




AI「ターンエンド」




という思考になるので







スピリット・ドラゴンを召喚するだけで相手は一切攻撃をしてこなくなります






ですので後は煮るなり焼くなり好きにするだけで












従者とユニアタのコンボで確実にハイスコアを狙えるようになり、
今まで難関とされていたイシズや舞にも今までにないほどの安定度で8000以上のスコアを狙えるようになりました






これで僕もイシズ周回が捗ること間違いありません









とここで気付いたんですけど













ユニオンアタック持ってなかったわ













もしかしてこのゲームってユニオンアタック持ってないとどうしようもないんじゃないか?




































巨大決戦でがんばります













そいえば12日にレジェンドにカード追加という名目でメンテナンスがあるので修正される可能性がかなり高いと思います







早くしろー!!!
間に合わなくなっても知らんぞー!!!!!
プロフィール

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク