くむ:大会レポ 大宮トリオ

こんばんわくむです(^o^)/

昨日久しぶりに中規模の大会に出てきたのでそのレポートです



埼玉の大宮のホビステで開催されたトリオ
特別ルールを採用していて

各タイトルにコストというものが存在します
具体的にいうと


・3コスト
AB リライト ファントム 超電磁砲 ミルキィ ラブライブ 艦これ


・2コスト
ゼロ魔 ディスガイア DC SAO ビビオペ アイマス まどマギ ログホラ

・1コスト
ペルソナ シンフォギア クレしん Fate
ミク 物語 シャナ なのは

・0コスト
それ以外のタイトル

以上から3人が使用するデッキの合計を5以下になるようにして出場しなければならないというもの

非常に面白いルールですね
トリオ御用達の艦これラブラリラから1つしか選択できないのと、各コストの中に別格のタイトルがあったりとオーダーの時点で色々考えられるので。


自分達のチームのオーダーは

「日本チーム」
先鋒 くむ@シャナ
中堅 いっきょう@艦これ
大将 ガルデモ@DOG DAYS

で行きました
シャナを選んだのは、明らかに1コストのスペックではないクレしんが各チーム1人は入ってくると予想して、そこを踏んだら確実に勝てるようにでした。

ちなみに1コスト余ってますw


会場ついたらTwitterの宣伝効果もあってか有名なプレイヤーさんがたくさんいて絶望してました


1回戦:ラブライブ◯
先行とれたが対峙引けなかったのでドローゴーに相手もドローゴーで返す

相打ちでダイレクト通すと移動ことりと相打ちで2パンされ
こちらも2パンし返す
ワンチャンことり踏めたらうまかったが逃げられて0帯の攻防は押され気味

相手先上がりからぼら海未、レッスン絵里、ぼら絵里×2追加で1000/1

1-3まで入ってこちらは後列拾えてなかったので前列ヴィル、闘争、相打ちで後列カムシンと刃で面作って
ことりに相打ち投げて1500いれつつ2000/1打って3面割り

どうも相手はCXガメてたらしく、こちらにドラが乗ってスルスル通ってレベル2へ


ぼら希とフルネ海未でソウルと面作られながらこちらの面を蹂躙される
助太刀握ってるぽかったので愛すべで圏外だけ踏んで相手2-4まで

戻りが相当弱かったのでぼら海未→レッスン絵里で山調整するターンをはさんでくれたので一気に楽に

セッツー破棄してフィレスでカムシン追加から愛すべで助太刀圏外から面壊していく

そうこうしているうちに相手が3-4まで入ってくれて、おそらくラストターン
セッツーからにこ込みで3-(1)-3-3作られたが終盤ひたすらセッツー破棄してたのでギリレベル2だったので無事生存


ハンドはシャナ悠二1枚だけだったが2ドローで再びシャナ悠二舞い込んできて、天破も引いて2-2-2作って無事通して勝ち


チーム:ラブライブ◯
クレしん◯
ミク×

無事一回戦突破
クレしん踏みたかったw



2回戦:クレしん◯
仮想敵のクレしん
マッチング最高なのでここで自分が絶対に勝たなくてはいけなくなり一気に緊張w

先行ドローゴーされたのでこの街→対峙配置して1パン

相打ち投げられてこちらハンドの0枯れててヤバイなーと思ってたらセッツーでフィレスツモって一気に逆転
ロミオ釣ってきてクロック絆から3パンで一気に打点先行する作戦

しかしドラ乗ったとこをしっかりピタキャンされていい感じの打点になってしまったのであせる


相手は集中から2面ボーちゃんで対シャナの構えで1000/1

しかしここで謎の3キャンをかましてしまうギャグ
すでにクラマ6枚見えてたので面開けるのは嫌だったが面をそのまま返すよりは、
と集中でロミオ釣って対峙2面と2000/1で3面割りに行く

再びボーちゃんを2面されて1000/1打たれ負けを覚悟するも残り1枚のCXがキャンセルに回ってくれて何とかレベル1で生存

面は適当でいいので集中で山削ってなんとか1リフ
返しで相手も1リフして圧縮は五分五分

しかし2帯から愛すべで面とり続けると相手が枯渇していきかなり楽に

3面チャンプのターンをはさんでくれたのでひたすらセッツー破棄して初手から握ってたトーチを立ててあとはイージーゲーム


回復11000を並べて殴ってくるが残念ながらすでにこちらの土俵

ジリジリ詰めて3-2でターン渡されたので器、シャナ悠、ダイレクト枠で器に対応打って3キャン要求

シャナ悠のアタックに助太刀打たれなかったので何でかと思っていたら
その後の器のパンチに助太刀を合わせられたのだが、シャナ悠で1面盛ったのでしんちゃんのパワーが1000下がっており、器と相打ちになるというラッキーももらって無事再スタンド

ピッタリ押し込んで勝ち


チーム: クレしん◯
物語◯
艦これ◯

信頼できるチームメイト


トーナメントだったのでここでBリーグ上位3チームになり、本来ならここで賞品がもらえるはずらしいが今日は人数が多かったのでAリーグの代表とトーナメントをしてそこで勝ったチームが賞金総取りをするということにw



というわけで決勝リーグ

リタレンさんのチーム踏んじゃいました
僕の相手はヘルカイザー(?)さん

艦これ×
久しぶりに踏んだ初風型
序盤からパンチ数がお互い多くかなりハイペースな試合

お互いハンド4枚くらいでレベル0を終えてストックが潤沢
早めに集中を引けてたので毎ターン打ちながらハンド整えてなんとかそれなりの面を作れました

三隈のチェンジ元を助太刀で弾くことに成功したがこの時点でハンドは2枚

もう盤面は捨てて打点で早期決着をつけるしかなくなっているのでひたすら1000/1を打って行く

運良く天破ばかり噛んでくれるので打点では離されず何とか喰らい付くも
すでにハンドは0枚なので引いたカードをそのままセッツーして投げてるだけの綱渡り


そしてトップでトーチを引いてしまいクロックにおくしかなくて敗色濃厚に

しかし引いてくる1000/1と乗っていくドラ、圧縮が決まっていない相手の山のおかげでついに打点で先行し相手3-4、こちら2-5まで追い詰めることに成功

3/3金剛で一点回復されて2-2-2
ここでドラドラが2噛みしたうち片方を吸ってしまいこちらも3-4でラストターン

盤面には初ターンからずっと大事にとってきた集中がいるのでヒットからシャナ悠拾ってなんとか3-3-2でサイド込みで
らしんばんケアの盤面に盛り込みでなんとか押し切れるとこまで持っていく

2噛みしてたので十分勝機はあります

最初の3にドラのってキタ!
しかしトプキャンされ

次の3にもドラがのって頼む!と願うも無情にもピタキャン

最後の2にもドラが乗ってくれたが3-6までしか押し込めず最後は普通に締められて負け


チーム:艦これ×
ミク×
ペルソナ×


ここで終了

トーナメントで負けた時の喪失感ハンパないですね
あと一回勝てば3位までは入れていたのですがあまりに鬼門でした





まとめ
コスト制なので普段見られないオーダーがたくさんいて面白かったですね


やはり多かったのがクレしん
1コストにしては破格のスペックですのでほとんどのチームに入っていましたね
シャナを選んで正解でした


1コストの物語、クレしん、ミクから2個と3コストのタイトル1個が一番安定してそうなイメージでした


特に驚いたのがミク
上位卓ではほとんどのチームに入っていました

うちのチームもミクに全敗ですし正直舐めてましたね

僕は実際には戦っていませんが十分環境入りするだけのパワーはあるタイトルに仕上がってる感じでした


終始高ラインに非常に安定したクロックシュート2種
そして集中がやはり凄まじいですね

助太刀がどれも優秀すぎるレベルなのでどこで投げても強いので起動500が常に活き続けてます


追加で非常に良いプールをもらいましたね
ミクの環境入りも十分警戒していかないなと思わされました



トリオはやはり楽しいのでまた機会がありましたら出ていきたいですね
特に今回のトリオは有名な人ばかりと当たれたのでいい練習になりました


組んでくれたいっきょう君、ガルデモさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

いっきょう:艦これ考察

テストも終わり一段落してまともにブログ作成にかかれそうです

こんばんわ、いっきょうです

初考察になりますが大会で一度は踏むと思われる艦これを考察しようと思います

種類が多くて長文になると思いますがご了承下さい

レベル0

ドジっ娘 電

恐らく艦これを組むに当たって必須パーツとなるカード
型にはまらず必要なパーツを持ってこれる艦これ0帯での要
パワーも2500あり最低限のアタッカーとなる優秀なカードですね

初風

思考停止の8扉を出来なくさせたメタカードとしては最高クラスのカード
艦娘全体にパンプしてくれるテキストのおかげでデッキに入りやすく相手のハンドを潤させないため扉やアタック時の回収カードを主とするタイトルはかなりの注意が必要です
使う側も使われる側もプレイングがとても大切になるので面白いカードだと思います



最近流行ってきた記憶型の回復メタ
記憶型の回復メタとしては最高クラスの性能を持っていると思います
チャンプしても面を空けずダイレクトに置くことで次のアタック要因を1コストで確保出来るのでハンド消費が少なくすみ扉に頼らなくてもハンドを確保出来る点で初風との相性がとてもいいですね

レベル1

島風

キャントリ対応で相手をリバースさせた時にデッキから艦娘を1枚サーチするので山の圧縮率を上げつつ次に使うパーツの準備が出きる優秀なカード
これがあるおかげで相手の速攻をさせずらくさせ0でのアドを取りやすくなります
先上がりさせて面を固められてしまうと効果が使えないので注意が必要ですね

雪風

リバース時にトップチェックをし艦娘ならば1コストでハンドに帰ってきます
初風を使っている構築だとハンド増やす手段が限られてくるのでこいつでハンド消費を少なく出きるのがとても強力です
登場時バニラサイズまで上がるのでアタッカーとしても申し分ない性能ですね

天龍

他の艦娘2枚以上でバニラサイズになるのと扉シナジーでアタック時1コストで控え回収出きる強力なカード
恐らく初風がいなかったら艦これの1帯ではこいつの採用率が高くなっていたであろうパワカですね
初風との両立が難しいので基本的に天龍が見えたら初風は入っていないと見て間違い無いかと思います

三隈

艦これでの1帯で最大パワーを出すことが出きる強力なカードですね
ストック消費が若干キツイですが出せれば基本帰ってくるだけのアドは稼げるので見えたら注意が必要です
クラマに依存しないチェンジなので初風との両立もしやすく相打ちで流そうとするタイトルはかなりキツイと思います

夕張

控えにクラマが1枚以上無ければ出せないというデメリットがありますが基本1帯でクラマ1枚以下の方が珍しいのでそんなに気になりません
リフ後に出す時は気をつけないといけないですね
ストック4枚以上でバニラサイズまで上がるので最低限としてのアタッカーになりさらに相手が控えから回収すると2000パンプ振ることが出来るので扉や回収テキストに対してメタれます
初風と違いバトルフェイズ以外でもパンプ出来るので絆等でハンドを持たせてくるタイトルにはかなり強気に出れます
2レベ以降だと最大8500まで自身で伸びるので腐らない性能で強いです
主に初風を採用しづらい天龍を使った構築に入っている事が多い印象なのでまどマギのような絆や控え回収を多用するタイトルはかなりの注意が必要です


2レベ

隼鷹

艦これ最強クラスのパワカ
書いてあることはとても単純ですがソウル全体1上げるというのはクラマを張っているのと変わらないので打点が高くサイドしてもしっかりと打点を通せるので厄介です
基本的に隼鷹メインの構築だと1帯から2帯までパワーラインが低いので面を固める事が出来るとかなりハンドを節約出来ますが山の率が悪いとそのまま負けまで見えるので隼鷹出てくるのがわかった時は極力圧縮を意識しないといけません

伊8改

伊8がフィレスサーチを持っていてハンドを切りつつハンド入れ替えが出来るので1帯黄色を使うならば基本入っているカードであり、控えに落ちた時に2コストで出せる擬似的なチェンジだと思ってもらえると分かりやすいかと思います
効果はレストすることで1枚につき1000パンプ、さらに最後にアタックすることで単体で11500まで伸びるので早出ししてきたキャラを狩りに行けるのでとても優秀です
2帯で3レベ早出しが基本出来ない艦これにおいてパワーが出せるキャラとして良く見るかと思います


3レベ

武蔵

新しいシステムのショットでキャンセルされたら自身のトップを控えに落とし落としたカードのレベル+1のダメージを与える事が出来ます
サイド出来ないというデメリットはありますが隼鷹との組み合わせがとても強力で1~4点のダメージを与えられるので3-0からでも普通にゲームエンドまで持っていけます
捲るカードのレベルが分からないので詰めに使う時は打点が大きくなりすぎないように控えや山を見れる効果と併用して打点調整出来ると最高ですね

赤城改

宝対応で相手をリバースさせるとクロックに置く事が出来る詰めとしてはかなり強い部類に入る効果ですね
対応が宝というのと登場時2ドロー1ディスで対応がハンドに来やすいので対応が打てない事は稀かと思います
クロックシュートの弱点としては相手をリバースさせなければならないのでそもそもキャラがいなかったり高いパワーで構えられているとクロック送り出来なくなってしまいますが艦これは全体的に2帯までで面を取る力に乏しいということもあり全面残っている事も多く、またクライマックスフェイズの始めにストックを全て控えに置くことで全体往復1000パンプというテキストがついているので三面並べて対応打てば13500まで伸びるので普通の3レベに対して助太刀圏外か相打ちくらいまではパワーラインが出るのでクロックに送りやすいです

榛名

登場時トップチェックをし艦娘ならば相手に1点バーンという、バーンを打つのに運用素は絡みますがノーコストで打てるのはとても強力です
またトップ自体は変わらないので2面、3面出して打点を調整出来るのも強いです
地味にレストパンプもついているので行きは割に行き、返しに他にレストしているのが居なければ1コストでアンコール出来るのでソウル2を手軽に残す事が出来るのも強力です

金剛

扉シナジーでアタック時1点バーンを与えるというトラハルを彷彿とさせる強力な詰めです
扉シナジーを打てればパワーも上昇し相手をリバースさせると控えから2枚キャラ回収出来るので次の準備をしつつ相手にダメージを与えて確実に次のターンに詰めれるように出来るので可能ならば助太刀で返したい所ですね
アンコールステップ時にチェンジでさやかテキストの回復を出せます
詰め、パワー、回復と三拍子揃っている強力なカードです


長くなりましたが良く見るカードは多分こんなもんかと思います

大会での入賞率から見ておおよそのテンプレ型というのも把握出来てるかと思います


具体的にいうと初風、島風、隼鷹、武蔵を採用した黄色軸

人によりますがショットと対応の大和を積むか響とヴェールヌイで回復無しのガンメタ型で別れますが基本は上の4種を積んだ形になるかと思います

この型と当たった時は面取れるタイトルならば極力取れるように、取りづらいタイトルでも艦これに楽させないように頑張りましょう


出来れば隼鷹が来る前にリフして山の圧縮率を上げておきましょう
基本的にやることはどのタイトルでも変わりませんが艦これに対しては特に基本重視で面取り、圧縮率を上げるということを意識しましょう


以上で考察を終了したいと思います
次はビビッドレッドオペレーションの考察をしてみたいと思ってます

くむ:とある科学の超電磁砲 3種選抜について

こんにちはー!
どうもくむですm(_ _)m


2週間に渡っての日曜日を除く連日のテスト、週5で入れられて10時まで働かされるバイトという地獄の2週間を何とか乗り越え僕は帰って来ました


ようやく更新再開できそうです


あと、26日の大宮トリオに出ることになったのでぜひ会場でお会いできる方はよろしくお願いします^ ^



さて本日はとある科学の超電磁砲考察
地味に4回目くらいですかね
やっぱ強いんで結局握っちゃうんで更新回数も多いですねw

ただ最近は艦これログホラと不利がつくタイトルが増えて来たので若干握る人は減少傾向にあるのかな?


そんな中
黒子→カエル→木山→黒子→木山→カエルと使い続けた僕が3種選抜について思ったことを書きなぐっていく記事になります。




とりあえず3種選抜の各カードの解説から


多才能力者 木山

過去最高スペックのレベパンと呼ばれる超パワーカード

強さは過去記事で説明した通り

屋根が生命線のこのタイトルにおいて1500補正はもはや必須
その際屋根を左右に配置しても均等にパワーが入ってくれるのが大きい

1/0助太刀が優秀なので枚数を積む関係上、どこにいても守りやすくなる木山は屋根を守るのに最適

ただし2面守ろうとすると相手の面が2枚空いてしまいバーンを打ちにいけなくなる可能性があるのは仕方が無いですけどね


一回シナジーを意識した構築も使ってみたいです
単純にリフ前なら圧縮になりますし、実質自身を0コストで出している扱いになるのでスペックが他のレベル応援の比じゃなくなります。

2面シナジーの可能性も感じるので非常に強そうですが、対応のトリガーがあまりに弱すぎますね
とあるの場合2コスト<ハンド1枚のレベルでハンドが枯れていくので序盤の扉が袋に変わるだけで致命傷になりうるかもしれません


しかし6止めに強くなるのは袋ならではの利点
0-6でターンが回ってきた場合セッツーでどちらを発生させるか迷いますよね
扉の赤か、盤面の緑かって
滝壺のトップに賭けてもいいですが、袋ならそのまま打てますね

ハンド管理が今の数倍難しくなりそうですが使ってみる価値は十分ありそうです。



続いて


常盤台のお嬢様 黒子

かつては一時代を築いた1/1/7500
クロック絆先というのが極悪で
先上がりから一気に盤面固めてCXぶっぱ

あいてに一切楽をさせず2面割り以上を要求した後に助太刀で弾いて面開けて再び1000/1ぶっぱで自身のダメレで不利になる特性をカバーできる動きができます

滝壺が追加された今では0-4から先上がりまで見ることができるようになりました

1帯を赤で固められるのでCXぶっぱが非常に安定しているのもすばらしい


しかしそれも所詮過去の話
1/1/7500なんて今では普通ですし、今ではガウル後列で同パワーまでもってかれる始末

終盤不要札になるクロック絆と1/1キャラで枠を埋めなければならないというのも構築上難しいところ


なんて言ってるといきなり踏んでビビりますよ
キチンとラインかためればいくらコストを払ってるとはいえ8000/8000/はやはり固いです

タイトルによっては7500までしか見てない場合も多いので全くさわれない場合もありますからね

とにかくライン形成が楽というのが利点です
艦これを踏むことを考えたら一番理にかなっているかもしれません


でもやっぱり欠点もまだあるんですよねw
・1相打ちが流行ってるのでそもそも仕事をさせてもらえない可能性が高い
・環境的に複数枚積むことを推奨している一通相打ちを、ネームの関係上美琴相打ちに変えなければならないこと

など逆風は多いような感じがします



最後に

冥土帰し

あまり注目されていませんが選抜入りするくらいのパワーはありますよ
そもそも元禁止カードなので全盛期とあるを使っていた方ならこのカードの中毒性がまた発症してもいい頃だとまで思ってますしw


一番の利点は屋根の維持のしやすさです
木山の場合自身を起きつつ助太刀を抱えないといけないので若干手間です
終盤の回収が扉と初春頼りですので確実なアクセスというものがないですしね

ビックスパイダーは、欲しいときに無くていらないときに舞い込んでくるイベントだったので弱すぎて全部抜きました

黒子はそこから初春が抜けるので一層増します。しかもレベパンも黒子になりますからね
複数面というのは若干厳しいです


そこにおいて見れば、1枚立たせるだけで常に屋根を投げ続けれるジジイはやはり安定性が段違いです

しかも弾いてるわけではないのでバーンの的は残ってることになりますからね
不確定ですが黒子の2000補正も合わせれば相手のレベル3でも踏み返せるでしょうし


また、1相打ちを投げてくる相手に対してアンコールビートという動きが取れるのがもう一つの利点

お互い盤面の誤魔化し合いになるのであまり好きではないですが、基本的にそういうタイトルに一定のパワーを出し続けるのはプレッシャーになるので
もぐもぐ2面で割られ続けるよりもよっぽど有意義です

盤面維持が楽になるので毎ターンアタッカーのサーチにコストを割かなくてよくなるので
早めのサーチを意識してハンドの質を仕上げていくことが非常に容易いですね


特に屋根チェンジを見る場合に3コストスタートでよくなるので一気にダメレで捲られた場合に即リカバリーに入れるのが強かったです


屋根チェンジをするときに絶対に屋根がいなくなることがないのはジジイだけですからね(ボトム送りやバウンスを除く)


あと艦これ踏んだときに、一通に手アンつけてターン渡すと相手が嫌な顔する小技が好きですw

パワー2000も十分合格ラインですね
「あ、すみません^ ^もぐもぐで500入ってるんで2500なんですよ^ ^」





さてこれらをふまえて各デッキに使われている選抜を考えていきます

・もぐもぐ型

木山orジジイ

そもそも選抜しなくても強いので消去法で選んでいる感じ

実際は圧倒的に木山が多いですかね
色が合いますし、初春が12500までみれるようになるのでチェンジで制圧からの屋根で〆といった動きはやはり強いです


僕は今カエルでやってますね

木山で面を取りに行かなくてもいい相手とマッチングすることが多くなったのと、屋根チェンジの安定性を考えたらカエルでやった方がいいのかなー。



ちなみに僕は初春チェンジか屋根チェンジかと言われたら必ず屋根といいます


とあるの強さは序盤にリソースを稼ぎやすく、稼いだリソースをバーンに変換できる屋根がいるところ
つまり屋根に集結していると言っても過言ではないです

その屋根をレベル3の1~2ターンだけしか使えないのは非常にもったいないと
僕はそう思います

チェンジ元の圧倒的な性能もさることながら
屋根を使えるターンが伸びるということを考えるとやはりパジャマなのかなーと。




・黒子型

1の面取り性能はピカイチ
CX貼って9000に運動神経美琴で3面割りはいとも簡単に行えます


この型だとレベル3黒子へのチェンジが
強力で、屋根までのリソース確保を容易にしてくれて
2でソウルを伸ばしにくいとあるで複数面ソウル2を作ってくれる心強いキャラ

2帯がほとんど絞れるので3帯に回復無しを積んでもノイズは感じませんね

問題はとあるの弱点がもろに刺さることと、レベパンまで置こうとするとストックがカツり気味なところ


割とマイナーな部類になってしまったので時々踏むとその強さに驚かされます

艦これにはある程度強く当たれますが、ラブラに関しては完全に黒子を選抜することが裏目に出てしまうほど相性が悪いので難しいところがありますね

・回魔とある
上の黒子型の弱点をカバーしたような形になっている、科学と魔術が交差するデッキです

通常の黒子型に
"科学と魔術"当麻&インデックス
回復魔術
チア衣装のインデックス
を突っ込んだ構築ですね

3帯での貫通を防いでくれる強力な防御札を搭載しつつ、屋根で殴り切るという一見シンプルなデッキ


しかし実際は本の確保や、ダイレクト枠を開けない工夫、非常に重くなるハンドと戦いながら
緻密なプレイングをしていかなければいけないデッキです

環境的にこそ弱いものの、身内がこれ握って東京ネオスの決勝リーグまで行ってるので非常に完成された型だと思っています


メタ型艦これさえいなければ黒子選抜で使っていた可能性が非常に高かったです
ヴェールヌイと初風を同時に踏んだら不要札3枚を抱えながら戦わないといけなくなるのでキツいなんてもんじゃなくなりますからね






というわけで超電磁砲3種選抜でした


まぁ結局今だと無難に木山握った方がいいんじゃないでしょうかという結論が出そうになります

今使ってるカエル型で回答が出なかったら木山バックですね()

シャナ考察Vol.6

こんばんわくむですm(_ _)m


バイトの6連勤も無事終わりなんとか更新する時間を見つけることができました。

あ、このまま更新頻度が落ち続けるのはまずいと思い、ブログを書きたいと言っていたいっきょうくんに手伝ってもらうことにしました


ヴァイスモチベ高い子なので正直僕よりもがんばって書いてくれると思います

ちょっと更新頻度が上がると思うのでどうか今まで通り訪れてくれると僕も彼も嬉しいです



さて今日は大好きなタイトルシャナの考察6
ということでいよいよデッキレシピを掲載したいと思います


といいつつこのブログで載せるのは3回目ですかねw

実は中野トリオで使おうと思っていたのですが色々あり出場を辞退させていただくことになりましたので
せっかくですのでここで載せようと思ったというわけです


それではいきましょうか



レベル0
この街での成長 シャナ×2
ロミオ役の悠二×4
対峙の時 シャナ×4
ティアマトーの契約者 ヴィルへルミナ×3
討滅の使徒 シャナ×2
"彩瓢"フィレス×1

レベル1
"フレイムヘイズ"ヴィルへルミナ×4
"麗しのゴブレット"マージョリー×1
"この刃に懸けて"シャナ×2
闘争の渦 シャナ×2
『調律師』カムシン・ネヴハーウ×4
逃げない勇気 一美×1
変わった"トーチ"悠二×1


レベル2
愛がすべて シャナ×3
ドロシー役のシャナ×1


レベル3
大いなる器 シャナ×4
シャナ&悠二×2
翻る黒衣 シャナ×1


CX
新世界へ×4
想いの力×2
天破譲砕×2



追記:最初この街での成長 シャナを4枚と表記していましたが正しくは2枚です
すみませんでした。

まぁ特に結果残したレシピとかでもないですけど、シャナの構築で迷走してる人がいるならその参考になればな、と


枚数とか細かい紹介とかは前回までのシャナ考察を読んでいただけると助かります


今回は要点だけ書きますので全部は解説しませんので、カードごとの考察が見たい人はそちらへ


Vol.5.01
Vol.5.02

・レベル0について


前にも書きましたが早い段階から3パンを狙っていきます

ロミオが超パワカなので起動成功したら考え始めて下さい


初手は対峙出せるのが再安定
やられたらロミオで拾ってアド
帰ってきたらハンド+1枚なので結局アド

どちらに転んでも3パンした時のリスクが小さくなります




結局シャナは打点で勝つデッキなので、1の盤面以外は終始打点を考えて動きます


それはレベル0でも例外ではなく、1でソウルが細くなる可能性がある以上なるべく打点は叩き込んでおきたいところです


せっかく相手の面が空いているのですからソウル2で殴らない手は無いというのが僕の考え
2面以上空くなんてレベル0以外では滅多に訪れないチャンスですからね


ただもちろん状況を判断してからの3パンスタートです
3パンしてハンド枯れました
盤面作れませんでした、CX貼れませんでした、負けましたとか言い訳にもなってないですからね


ただハンド整えようと思ったら集中がいるのである程度リカバリーは効きます
そのための3パンでの3ストックです


クロック絆を4投しているのもこの考えにマッチしているからというのもあります
こちらが1クロックもらって、そのままダイレクト枠に入れれば差し引きソウル1、ストック1のアドですからね


フィレスはその動きを滑らかにするためと、2500というパワーが強かったので採用
ロミオと応援以外はシステムキャラで2500というバカみたいな数値が本当に心強いです
3パンして相手が0で止まった場合2500が一体立っているだけでだいぶ違いますからね


そして相打ちの0焼きが強くなって来ましたね
3面あければ相手より早くCXをうち始めているようなものですから



ただ、何度も言いますが安易な3パンだけは本当に注意です
ある程度こちらのハンドも整っていて、相手の出すキャラやクロックからある程度相手のハンドを予測して動かないとスタミナ切れするのはこちらですから


1手ミスっても、ゲームが長いのでリカバリーが効きますが、逆に1手で敗北が確定することもある矛盾を抱えているゲームなので



・レベル3について

しばらくこの配分で使っていますが非常にいい感じです


覚えておいて欲しいのが
シャナは今環境で詰めが強いわけではないということ


どういうことかというと、
今環境は非常に詰め能力が発達していまね
ビビット、艦これ、クレしんを筆頭に3-0から相手を仕留める

いわゆるワンショットキルが非常に流行しています

これに対してシャナの詰め能力は別ベクトルで強いので歯が立たないんです

具体的にいうと、シャナ悠二という超大型のレベル3を所持しているのでそれを中心に殴り合いを繰り返した後に詰め切るといった感じですね


要するに7点通す能力に乏しいわけです

器があるじゃないかといいますが、あれはそもそも7点通すのには向いていなくて
ワンチャン作って連パンしたら7点通ってしまったからそう見えているだけの場合が多いです

本体の3を通さなければ7点が入らないので他タイトルと比べるとワンショットにはあまりにも向いていないことがわかります


その為の解答が
「変わった"トーチ"悠二」です

これを配置するだけで相手からの追加ダメージは再スタンドとクロックシュートのみになり、バーンしか所持していないタイトルは殴り合い、
つまりこちらの陣地での勝負に持っていくことができるようになります


イメージとしては相手にレベル3を2ターン行わせてから勝つ感じですかね
相手先上がり→こちらシャナ悠二登場→次のターンで落とす
といった感じが多いです

つまり
・相手をレベル3に先上がりさせること
・しっかり回復して1ターンで殺されないようにすること
が重要になってきます


単純な殴り合いになればシャナ悠二がいるこちらが圧倒的に有利になり、器についている回復テキストも活きてきます


黒衣を減らさなかったのもここが理由
殴り合いになると回復一点の重みが違うので器4枚では足りなかったからですね



つまり相手をこちらの有利な場所に持ってきてそこで有利なまま沈めきる
リライトのカリスマのような印象さえ受けます

やはりトーチは凄まじいですね
制圧力が今までとは段違いです

抜け道であるクロックシュート、再スタンドについてはもともと五分五分なのでしっかり打点で先行して詰め切らせなければ十分勝てるのでそう問題視することでもないでしょう


・2でしっかりクロック破棄すること


ここが重要です
相手を先にレベル3に上げるためにレベル2では特に打点に意識を移します

幸い愛がすべてという高スペックなパンチャーと、割られにくくする後列がいるので盤面維持は非常に簡単です

1でしっかり面がとれてれば2に入ったときにハンドは3枚はあると思います

3枚あったら十分です
クロックはとばしましょう

そもそも2でクロックする意味が限りなく薄いです

レベル2以降はどんなタイトルでも
セッツーしない理由よりも、なぜセッツーするのか、という理由から考えるようにしてます

シャナの場合はすぐセッツーしないという答えが出ます

なぜかというと
まず握る札が少なくていいから
最悪シャナ悠二(とトーチ)だけ握れてば戦えるのでわざわざ不要札を握りにいく必要がないからです


それにシャナ悠二は1枚握り、一枚はレベル置き場にあるのでそもそも山札にレベル3が少ないので余計にですね


ではなぜセッツーする必要が出てくるかというとCXを引きたいからですね

2でソウルが細いのが嫌な場面は結構訪れます
そうなるとCX、引きたいです
対応ならなお美味しいですね

ここをぐっと我慢できるように0~1でちゃんと打点を作っておきましょう


後半で打点を作るためにセッツーしなくていいように0から考えて動きます



あと、愛がすべての対応CXですが
僕は1週目すぐ打ちますし8バックできる状況なら相手のCXがよっぽど見えてない限り切ります

キャンセル一回が勝敗を左右するゲームなので対応を打つことよりも8枚戻すことの方が重要だと考えていますので。


じゃあどうやってレベル3握るのかって
やっぱり集中ですよ
ちゃんと握っておいて山が弱くなるのを防いだり引けないレベル3を拾ったりと本当に必須カードです


さすがに2枚に任せきるのは負担が大きい、とフィレスも入れましたので何だかんだいいバランスです


2でクロック破棄、薄いハンドを集中で整えてレベル3に先上がりさせる

これができたら100点満点です
ほぼ勝てるでしょう






日頃考えていることを全部ぶちまけれたんでこれで満足です

次回:シャナ考察Vol.7へ続きます

どれだけ書いても次々書くことが出てくるあたりやはりシャナは深いですね

いっきょう:挨拶

初めまして
いっきょうと申しますm(_ _)m
くむさんの寛大なご意向により本日からブログに参加させて頂く事になりました。
まだまだヴァイス初心者なのでいたらぬ事が多々あるかと思いますが暖かく見守って頂けると幸いです。
基本的に大会レポ等は対戦中の記憶が曖昧な事やくむさんのようにしっかりと書けなさそうなのでやめて主にタイトル考察や気になるカードについての紹介等初心者らしい意見として書きたいと思っています。
出来るだけ更新頻度上げていきたいと思ってますがこれからテスト期間に入ってしまうので中々難しいです…
これからお世話になりますがどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
プロフィール

Author:くむ&たく
ようこそ!
相互リンク募集してますのでお気軽にどうぞ


Twitterアカウント:@KumuWshome
ブログの更新情報や様々なことを呟いてますのでこちらもどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク